赤ちゃんなどの敏感肌に使える虫除け日焼け止めを選ぶ際の注意点

画像1赤ちゃんの肌など、敏感な肌を持っている方は、暑い季節の虫除けや、日焼け止めを選ぶ時にはできるだけ肌に優しい成分でできたものを選びたいですよね。

そして、敏感肌の方は虫除けや日焼け止めによって発疹ができてしまったり、荒れてしまうことが多いので注意が必要です。

そのため、赤ちゃんなどの敏感肌に使える虫除けや日焼け止めを選ぶポイントや、注意点を知りたいのではないでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃんなどの敏感肌に使える虫除け日焼け止めを選ぶ際の注意点について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんや敏感肌の人に虫除けや日焼け止めは必須!?

画像2

敏感で、ささいなことで発疹ができてしまう赤ちゃんの肌に使うものは、シャンプーや石けん、クリームなど、選ぶ時に気を使ってしまいますよね。

そして、できるだけ余計なものを添加せず、自然に優しい肌を守ってあげたいと思うお母さんの中には、日焼け止めや虫除けは必要ないと思う方も多いようです。

ただし、赤ちゃんは、体温が高く虫さされにあうことが多く、動きも多いので紫外線のダメージを受けやすく、注意が必要です。

それから、赤ちゃんは大人に比べて汗をかく量が非常に多く、肌に汚れが蓄積しやすいので、虫さされの後や紫外線によるダメージで、発疹が起きてしまうことが多いのをご存知でしょうか?

そして、かゆみを我慢できずに掻いてしまうことによって、発疹があちこちに広がる「とびひ」という状態になってしまうと、赤ちゃんの柔らかい肌が傷つき、かわいそうですよね。

そのため、赤ちゃんはもちろんのこと、アトピーなど敏感肌の方も、特に紫外線が強くなってきて虫さされにあいやすくなる暑い季節には、虫除けや日焼け止めをきちんと選んで使うようにしましょう。

敏感肌にもOKな虫除け日焼け止めは?選ぶ際の注意点も

画像3

赤ちゃんや敏感肌の方が虫除けや日焼け止めを選ぶ際には、次のようなポイントを元に選ぶようにしましょう。

1) ノンケミカルのものを選ぶ

大人用の日焼け止めや虫除けなどに入っている化学原料である紫外線吸収剤や虫除け成分は、赤ちゃんや敏感肌の方には刺激が強く、肌がかぶれてしまうこともあるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

そして、無香料や無着色のものを選ぶようにすると、肌への負担がさらに軽くなりますし、不安な場合は肌に塗る前にパッチテストを行なうのもおすすめです。

2)ムラにならず、しっかり落とせるものを選ぶ

日中は活躍してくれる日焼け止めも、夜にシャワーで落とそうとするとなかなか落とせず、何となく肌が油っぽくなっているような気がした経験はないでしょうか?

こうした肌に日焼け止めなどが残っている状態では、肌に汚れが残っていることになり、肌への負担になって肌荒れの原因になってしまいます。

そのため、のびが良くてムラにならず、簡単に落とせる日焼け止めを選ぶようにすると良いでしょう。

また、SPFの高い日焼け止めは日焼けやシミの元になるUVBの制御効果が長時間続く分、石けんでは落ちにくいので注意が必要で、普段の外出であれば、SPF20~30の日焼け止めで十分なので、SPFが低めのタイプを選ぶようにしてあげましょう。

3)ディートフリーのものを選ぶ

虫除けの場合、ディートは害虫の忌避剤として最も一般的な化合物で、人体に重大な影響を及ぼすことはないとされていますが、毒性についてまだ疑わしい点が多いことから「生後6ヶ月未満の乳児には使用しないこと」など乳幼児への使用に注意喚起されています。

そのため、虫除けを選ぶ際には「ディート不使用」のものを選ぶようにしましょう。

4)ハーブやアロマ由来のものが優しい

天然ハーブやアロマ由来の虫除けには、虫の嫌いな成分を含んでいるものが多くあり、なにより天然由来成分なので、肌が敏感な赤ちゃんなどにも安心して使えるのが魅力です。

そして、虫によって苦手とする成分が違うので使い分ける必要がありますが、主に虫刺され対策として使用する場合には、以下のものが有効なので参考にすると良いでしょう。

虫除けに効果的なアロマ/ハーブ

ハッカ(ミント)、シトロネラ、レモンユーカリ、ローズゼラニウム、レモングラス、カモミール、ローズマリー、ティーツリー

スポンサーリンク

赤ちゃんや敏感肌の方におすすめの虫除けや日焼け止めは?

前述の通り、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心して使える虫除けや日焼け止めには、それぞれ様々な商品が出ていますよね。

例えば、日焼け止めで人気の商品には、ロートのベビーセバミドUVミルクなどがあります。

画像4

これは皮膚科学の研究に基づいて開発された、赤ちゃんのためのスキンケアブランド「ベビーセバミド」のUVクリームです。

そして、紫外線吸収剤不使用、無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性といった赤ちゃんにとって易しい処方で作られているそうです。

また、消炎、保湿作用がある天然成分カミツレエキスも配合されているので、日焼け後のお手入れも含めて効果がありますし、石けんで簡単に落とせるのも嬉しいですよね。

【Amazon.co.jp アソシエイト】


一方で、虫除けにはスプレータイプからシールタイプ、吊り下げタイプと様々な種類があるのですが、例えばフマキラーの「天使のスキンベープ」などは商品に動物のイラストが施されていてお母さんのバッグから出てくると赤ちゃんも喜びそうですよね。

画像5

これは、世界54カ国以上で使われている虫除け成分「イカリジン」を日本で初めて採用した「フマキラー」の虫除けスプレーで、ウイルスの媒介になる「マダニ」にもしっかり効くのポイントです。

そして、使い心地もパウダー入りなのでべたつかず、さらさらとしたつけ心地が続きますし、薬局などで気軽に手に入るので、使用頻度の多い商品としては嬉しいですよね。

【Amazon.co.jp アソシエイト】


このように、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心の虫除けや日焼け止めには、様々な商品があるのですが、日焼け止めと虫除け、それぞれ別個に用意して使うのは大変ですよね。

そんな中、特におすすめしたいのは、日焼け止めだけでなく虫除け成分も含まれているオーガニック商品のUV&虫除けミスト「アロベビー」です。

画像6

アロベビーは、天然由来成分100%のオーガニック商品で、開発から生産まですべてが日本国内で行なわれていて、純国産なのも安全な品質ポイントですよね。

そしてもちろん、紫外線吸収剤不使用で、ディート不使用、そしてお湯で落とせるので気軽に使えて、UVカットはSPF15と普段使用にとても便利です。

それから、日焼け止めにはクリームタイプが多いのですが、じっとしていない赤ちゃんに塗るのはとても大変な中で、アロベビーはミストタイプなので、外出時にもさっと使えるのもポイントです。

また、虫除けに効果的なアロマとして、次のような成分が配合されています。

レモングラス

レモングラスに含まれるシトラールには殺菌力があり、虫除けに最も多い蚊が嫌う香りが含まれています。

カニナバラ果実エキス

皮膚をダメージから守り、肌荒れを防ぎ、美しい肌を保つのを助けてくれます。

ローズマリー

アロベビーではロスマリン酸を主成分としているため、抗菌作用や抗ウイルス作用が期待でき、花粉症の症状なども和らげてくれるので、嬉しいですよね。

そして、アロベビーファンにはタレントなど著名人も多く、クチコミには

「日焼け止めや虫除けが一本で済むので、持ち運びにも荷物にならないところがいい」

「100%天然なのに白浮きしなくて、子供の肌にも安心して使える」

などがあって、赤ちゃんだけでなく大人まで好評のようです。

スポンサーリンク

赤ちゃんや敏感肌の方の虫除けなどにアロベビーがおすすめな理由!

画像7

赤ちゃんや敏感肌の方の虫除けにアロベビーがおすすめな理由は、やはり1本で日焼け止めと虫除けの両方の役割を満たしていることでしょうか。

そして、小さな赤ちゃんをお持ちのお母さんは、ちょっとしたおでかけの際に日焼け止めと虫除けの両方をケアしてあげるだけでも慌ただしくなり、負担になるので、アロベビーが1本あれば、気楽にケアしてあげられます。

また、もちろん純国産の天然由来の安心できる成分のみでできていて、赤ちゃんだけでなく、アトピーなど敏感肌の人でもしっかり虫や紫外線からガードし、スキンケアとして活躍できるところもポイントですよね。

そして、お得な3本セットであれば、今なら15%OFFになり、5,738円で購入できるようです。

それから、1本は80mlで約1ヶ月分の使用量ですから、日焼け止めと虫除けを両方購入し、毎日使うことを考えれば、とてもお買い得なのではないでしょうか。

夏の紫外線のダメージは、赤ちゃんが幼い頃からどんどん蓄積されていって、シワやシミ、免疫力の低下や皮膚がん発症など、様々な病気を引き起こす恐れもありますし、虫刺されにも、最近ではデング熱など恐ろしい被害が増えてきています。

また、アトピーなど敏感肌の人にとっても、紫外線や虫刺されは肌荒れをさらに悪化させる原因になるので、こうした日焼け止めや虫さされはしっかりと自分の肌に安心して使えるものを選び、長く使えるようにしておきたいですよね。

これからの暑い季節を迎える前に、ぜひ早めにアロベビーを購入し、夏仕度を済ませて肌をしっかり守ってあげましょう!
↓↓↓
【1本で日焼け止め&虫除け対策】アロベビー 国産オーガニックUV&アウトドアミスト

このページの先頭へ