「虫刺され」の記事一覧

ディートが虫除けに危険な3つの理由!副作用や妊娠中の使用など

蒸し暑い季節になると手放せない虫除けですが、虫除け成分といえばディートが入っているかどうかが気になる方が多いですよね。 そのため、ディートが虫除けに危険なのかといったことや、副作用や妊娠中の使用などについて知りたいのではないでしょうか? また、ディートフリーの虫除けについても気になりますよね。 そこで今回は、ディートが虫除けに危険な3つの理由や、副作用や妊娠中の使用についても詳しくお伝えしていきます。

ローズマリーの使い方で虫除けの場合!簡単なスプレーの作り方も!

蒸し暑い季節の蚊などによる虫さされには、誰もが悩むものですが、天然成分の虫除けを使いたい方はハーブを活用しますよね。 そのため、虫除けでローズマリーを使う場合について、気になるのではないでしょうか? また、ローズマリーの使い方で虫除けをする場合、簡単なスプレーの作り方についても知っておきたいのではないでしょうか。 そこで今回は、ローズマリーの使い方で虫除けの場合や、簡単なスプレーの作り方について詳しくお伝えしていきます。

レモングラスを虫除けに使う時の注意点!効能と副作用も!

蒸し暑い季節になると、なんといっても蚊による虫刺されがつらいので、虫除けが手放せなくなりますが、虫除けスプレーに入っている成分が心配な方も多いのではないでしょうか。 そして、天然ハーブでレモングラスを虫除けに使うとどんな効能があるのか、副作用の心配はないのかなど気になるのではないでしょうか。 また、妊婦がレモングラスを使うのは問題はないのかも知っておきたいですよね。 そこで今回は、レモングラスを虫除けに使う時の注意点や、効能と副作用について詳しくお伝えしていきます。

アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由!口コミも!

新生児など、生まれたての赤ちゃんは夏の暑い時期になるとたくさん汗をかくので、あせもができやすいので心配ですよね。 そして、こうした汗をかきやすい赤ちゃんなどの肌は、虫除けや日焼け止めもきちんと選んだ方が良いのだそうです。 そのため、赤ちゃんにも使える虫除け日焼け止めでアロベビーがおすすめな理由や、実際に使った人の口コミも気になるのではないでしょうか? そこで今回は、アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由と口コミについて詳しくお伝えしていきます。 ↓ ↓ 公式サイトはコチラ! ↓ ↓ アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由! 赤ちゃんは体温が高く、暑い時期になると虫刺されに遭いやすく、紫外線による肌のダメージで、ふわふわとした繊細な肌が傷つかないか心配になりますよね。 そして、赤ちゃんは大人にくらべて汗をかく量が2倍近く多いとされていて、肌に汚れが蓄積しやすいので、虫刺されや紫外線によってダメージを受けると、それがきっかけになって肌に炎症を起こしてしまうのです。 それか・・・

虫刺されでただれた時の原因と対処法!薬のオススメも!

夏になると肌の露出が増えますが、その一方で虫の活動が活発になることで増えてくるのが虫刺されですよね。 そして、虫刺されで肌がただれてしまうと、肌を出したくても出せずにとても困ったり、いやな思いをしたりしてしまうことがあるかもしれません。 そこで今回は、虫刺されで肌がただれてしまった時のために、ただれとはそもそもどういうもののことをいうのか、また、その原因と対処法、さらには、オススメの薬をご紹介いたします。

虫刺されでアブの時の症状や対処法!薬のオススメや注意点も!

外でキャンプや釣りなどのレジャーを楽しむ時に、必ず問題になるのが虫刺されです。 特に、家の周りにはあまりいないアブによる虫刺されは蚊とは対処法が違うので、正しく処置できずに症状がひどくなってしまうことがあります。 しかし、アブによる虫刺されは時に入院が必要になるような二次感染を引き起こすこともありますので、注意が必要です。 そこで今回は、アブに刺された時の症状や応急処置の方法、薬のオススメなどについてをご紹介していきます。

虫刺されが連続しているときの原因や対処法!薬のオススメも!

屋外で虫よけスプレーをせずに長時間遊んでいて、虫刺されが全身にできてしまったという経験は皆さんあると思いますが、多くの場合は蚊によるものではないでしょうか。 ただ、虫刺されが連続して何個も連なるようにできていたり、同じ場所に密集して幾つもできている時は、蚊以外の虫の可能性が高いようです。 そして、そういった場合は蚊の虫刺されに効くかゆみ止めを使っても大丈夫なのかも気になりますよね。 そこで今回は、虫刺されが連続しているときの原因や対処法、薬のオススメについてをご紹介いたします。

虫刺されでニキビみたいな症状が出た時の原因と対処法!

気がついたら、顔や体に小さな赤いふくらみができていた…そんな時には、虫刺されだと考える人がほとんどでしょう。 しかし、その虫刺されだと思っていた場所がニキビみたいに化膿してきたり、痛みが出たり、しこりができたりすると、虫刺されなのかニキビなのかを判断することは非常に難しいですよね。 それなのに、虫刺されとニキビでは治療に使う薬が違いますから、どう対処したらいいか困ってしまうのではないでしょうか。 そこで今回は、ニキビのような症状が現れる虫刺されについて、その原因と対処法、そして虫刺されと間違いやすい病気についてご紹介していきます。

虫刺されがすぐ消えるのはどんな時?原因や対処法についても!

虫刺されができると、通常なら数日間は跡が残ることが多いと思いますが、早い時には数時間ですぐ消えることがあると言います。 でも、ただの虫刺されなのか、それとも異なる原因から虫刺されのようなものができているのか、気になりますよね。 そして、すぐ消えるからと言って、繰り返し同じような現象が起きているとしたら、何かの病気ではないかと不安になると思います。 そこで今回は、虫刺されがすぐ消えるのはどんな時か、原因や対処法についてをご紹介いたします。

虫刺されにパッチを使う時の注意点!大人用のおすすめも!

虫刺されにはかゆみ止めがすぐに思い浮かぶ方がほとんどかとは思いますが、虫刺されパッチという虫刺され部分に貼る使い勝手の良い絆創膏のようなものがあるのはご存知ですか? ご存知ではない方のために今回は、虫刺されパッチとはどういうもので、どのような効果があるのかということと、使うときの注意点をご説明したいと思います。 また、子供用が多い虫刺されパッチですが大人用もありますので、おすすめの商品もご紹介したいと思います。

このページの先頭へ