虫刺されで痛い上に赤い時や高熱の時の対処法!歩けない時も!

画像1虫刺されというと、蚊に刺されて赤くポチっとした腫れやかゆみを思い浮かべる方が多いと思いますが、痛い上に赤い腫れが現れ、熱が出る症状もあるので要注意です。

そして、虫刺されで押すと痛い時や、触ると痛い時、ピリピリ痛いといった時も蚊ではない他の虫刺されの可能性が高いそうです。

なので、虫刺されで痛い場合や、歩けないほどの高熱が出た時の対処法を知っておきたいですよね。

そこで今回は、虫刺されで痛い上に赤い時や高熱の時の対処法や、歩けない時について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

虫刺されで痛い上に赤い時や高熱の時は?歩けない時も!

画像2

虫刺されでは、虫が人間の皮膚を刺したり、吸血する際に毒成分や唾液腺成分を皮膚に注入するため、それらの物質に対してアレルギー反応を起こし、かゆみなどが生じるとされています。

そして、虫による皮膚アレルギー反応は2種類あり、虫に刺された直後から15分後にかゆみを伴う発疹が生じるものは即時型アレルギーで、1~2日後に発疹や水疱が生じるものが遅延型アレルギーとされています。

それから、元々アレルギー体質の方は、こうした虫刺されによるアレルギー反応も普通の人よりひどく出る場合があるそうなので、注意が必要です。

また、虫刺されと一言で言っても、一般的な蚊だけではなく、家の中のダニの場合もあり、さらに虫刺されで痛みや腫れや熱が生じる場合はブヨかもしれません。

ブヨに刺された時の特徴は?

画像3

虫刺されで痛みがある場合は、蚊やアブの可能性もありますが、ブヨが最も代表的だそうです。

そして、ブヨは、体長3~5mm程度の大きく黒い虫で、主に高原や山間部の水辺に多くいるので、キャンプ場やBBQ場で出現することが多いそうです。

ブヨに刺された後は、1~2時間くらい経ってから強い痛みと少量の出血があり、それからかゆみや痛みが徐々に広がっていき、さらにしこりが残ります。

それから、ブヨの場合は押したり触ったりすると痛みを感じたり、その傷みもピリピリとした痛みなので、この点も見分けるポイントとして覚えておきましょう。

さらに、しこりは赤く腫れるので、目で見て虫に刺されたと分かることが特徴なのですが、蚊と違って刺された部位が徐々に赤く腫れていき、強烈なかゆみを感じます。

そして、ブヨに刺されることで高熱を生じたり、足が大きく真っ赤に腫れて、歩けないほどの痛みに襲われることもあるそうです。

ブヨによる虫刺されの対処法はコチラ!

ブヨによる虫刺されの場合は、一般的な虫刺され用の薬であるムヒでもあまり効果がなく、蚊とは対処法が異なる部分が多いので、次を参考に注意して対処しましょう。

1) 毒を絞り出す

蚊などの虫刺されの場合は患部に触れるのを控えた方が良いですが、ブヨの場合は患部を清潔にしてから、爪で傷口を挟んで、患部の毒を絞り出すようにしましょう。

また、市販でも購入できる「ポイズンリムーバー」を使うと、注射器状になっていて清潔な状態で毒を絞り出すことができるので、オススメです。

画像4

【Amazon.co.jp アソシエイト】

2) 冷やすよりも温めるのが先!かきむしるのは厳禁!

画像5

ブヨの毒は熱に弱い特性を持っているので、毒を搾り出した後は、清潔な濡れタオルで拭いてから、冷やすのではなく温めて下さい。

ただ、温めるのはブヨに刺されてすぐに気づいた時だけで、数時間経ってかゆみや痛みが生じてからは、温めると発疹がひどくなるので、注意が必要です。

それから、温める場合は、43度以上の温かいものを当てて30分間保たなければならないので、自宅などに帰ることができたら、シャワーで熱いお湯をかけると良いでしょう。

もし外出中の場合は、自販機でホットの缶コーヒーを買って、それを当てるのでも良いでしょう。

また、強烈なかゆみが襲ってきても絶対にかきむしらないようにし、もしかいてしまうと傷痕が残り、広範囲に及ぶしこりが残ってしまう可能性があります。

3) 皮膚科でステロイド外用薬を処方してもらう

画像6

1~2の応急処置を行った後、皮膚科を受診してステロイド外用薬を処方してもらい、薬を塗って対処しましょう。

また、市販薬ではムヒアルファEXなどもありますが、ブヨにはあまり効果がないとされています。

そして、こうした対処を行っても熱が下がらず、腫れが治まらなくて歩けないほどの痛みがあれば、再度皮膚科を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

ブヨによる虫刺されの予防法はコチラ!

ブヨは、刺すというより咬んできて、腫れや強烈なかゆみや痛みといった重い症状も現れ、ひどい時には高熱も出るので、そもそも被害に遭わないように予防しましょう。

ブヨによる虫刺されの予防法の3つのポイント

1) 白っぽい服を着る

画像7

ブヨは黒や紺色などの暗い色を好むため、逆の白っぽく明るい色を選んで、山や川などでレジャーに行く時は、長袖長ズボンの服装にするよう心がけましょう。

2) ハッカのオイルやスプレーを使う

画像3

虫除けスプレーやクリームには様々な商品がありますが、ブヨは特にハッカの匂いを嫌うので、ハッカ油やハッカスプレーを使うと効果的です。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

3) アロマオイル

画像9

ブヨは山や森だけでなく、屋内にも出現する可能性があるため、屋内で予防する場合は、ブヨが嫌がる香りの芳香剤やアロマオイルを使うと良いでしょう。

そして、ゼラニウムやラベンダー、ローズマリーやユーカリなど、人間が心地よく感じるアロマオイルの香りのほとんどは、ブヨが苦手としているそうです。

そのため、寝室のベッドサイドや窓際などに、芳香剤を置いておくか、アロマポットを使ってみると効果的で、人間にとってはリラックスにつながりオススメですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、虫刺されで痛い上に赤い時や高熱の時の対処法や、歩けない時について詳しくお伝えしました。

まず、虫刺されで痛い上に赤い時や、高熱が出たり、歩けないほど足が腫れて痛い場合は、ブヨによる虫刺されの可能性が高いのでしたね。

そして、ブヨはハエの様な大きさの黒い虫で、刺されてから1~2時間ほど経ってから強い痛みと少量の出血があり、その後かゆみや痛みが広がってしこりができるのでした。

そのため、まずは毒を押し出し、直後であれば冷やすより温め、その上で皮膚科を受診し、ステロイド外用薬で対処すると良いとのことでした。

こうしたブヨによる虫刺されは症状が重く悪化もしやすいので、ブヨが好む黒色の洋服は避け、外出するときはハッカ水などを使用し、屋内ではアロマを活用することをオススメしたので、できるだけのことを行ってしっかり予防しましょうね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ