痛風の前兆となる症状や期間と対策のポイント!しびれに注意!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91痛風は、体の中の尿酸値が一定基準値を超えてしまうことで、尿酸が溜まったところに激痛が現れる疾患です。

そして、痛風の痛みは突然現れるとされているのですが、何度か発作を経験していくうちにしびれなどの前兆を感じるようになるというので、その症状や期間が気になりますよね。

そのため、痛風の前兆が現れたら薬などの対策はどのようなものが効果的なのかも知っておきたいのではないでしょうか?

そこで今回は、痛風の前兆となる症状や期間と対策のポイントや、しびれに注意といったことについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

痛風の前兆となる症状や期間は?しびれに注意!

痛風は風が吹くだけでも痛む、と言われるように、その痛みは猛烈なもので、しかも夜中から明け方にかけて、眠っている間に突発的に発作が起きるので、つらいですよね。

そして、痛みがあるところが赤く腫れ上がってきますが、3~10日ほどすると痛みも腫れも自然と引くと言われています。

ただし、適切な治療を受けずにそのままの生活を続けていると、再び同じような発作が起こり、それを繰り返しているうちに発作が起こる間隔がだんだん短くなることがあるそうです。

痛風の前兆とは?

初めての痛風発作は何の前触れもなく、ある日突然起こるケースが多いのですが、一度経験すると、次の発作が起こる時に、前兆として、関節がピリピリしたり、むずむずしたり、どこかにぶつけたような鈍い痛みが現れたりなどするそうです。

そして、こうした違和感を感じてから、実際の痛風発作が起きるまでの期間は、わずか数時間から1日程度と言われています。

痛風の前兆が起きた場合の対処法

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

痛風の前兆症状が現れたら、コルヒチンという薬を飲むと、発作の予防や軽減ができるとされています。

そして、痛風発作は、尿酸の結晶を白血球が異物とみなして、攻撃することで起こりますが、コルヒチンはこれによって発生する炎症反応を抑えてくれて、症状を和らげる効果があるのです。

ただし、コルヒチンは、発作が起きてから服用し始めても、効果はなく、あくまで発作が起こる前に飲むのがポイントなので、痛風発作の経験がある人は、万一に備えて予め病院で処方してもらい、常に携帯しておくと良いでしょう。

しかし、コルヒチンはあくまで症状を抑えるだけで、痛風の根本的な原因である尿酸値を下げてくれるわけではないので、注意が必要です。

そして、「いつもコルヒチンを飲んでおけば、発作が起こることがなくなるのでは?」と思う人がいるようですが、コルヒチンを飲み過ぎると、吐き気や下痢、胃腸障害、筋肉のけいれんなどの副作用が起こるそうです。

なので、コルヒチンは前兆症状を感じた時に1錠(0.5g)のみ飲むように医師から指示を出されているはずなので、必ず処方通りに飲むようにしましょうね。

痛風を根本的に予防するにはどうしたら良い?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

痛風では、前兆症状を感じたらコルヒチンを飲むことで、直後に起こるはずの発作を抑えることはできますが、根本的な原因対策に取り組まなければ、半永久的にコルヒチンを常備し、前兆を感じたら服用するといったことを続けなければなりません。

そして、尿酸値が高い状態を解決しないでいると、腎機能障害、尿路結石だけでなく、高血圧や心筋梗塞、メタボリックシンドロームなど、重度の生活習慣病や、命の危険にかかわるような合併症を引き起こす恐れがあるのです。

そのため、痛くなければ大丈夫などと軽く見るのではなく、痛風の根本原因である尿酸値の降下対策に取り組み、痛風の前兆も感じることがないような状態を目指しましょう。

痛風改善のための大事なポイントとは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

痛風では、前兆が現れた時のためにコルヒチンのような薬物もありますが、根本的に痛風の再発を防ぐためには、尿酸値をそれ以上上げないために、食生活の改善をすることが必須となります。

それから、痛風の食事療法と言うと、プリン体の摂取制限が厳しく「ビールが飲めなくなる!」と頭を抱える人が多いかもしれませんが、現在は「プリン体の制限」から「総エネルギーの制限」へと指導内容が変わってきているそうです。

それに、実際プリン体というのはどのような食材にも少なからず含まれているものなので、プリン体の摂取制限を真面目にやろうとしても現実的ではなく、かえってストレスがたまってしまって暴飲暴食の原因になりそうですよね。

そのため、少しでも尿酸値を下げる効果のある食材を取り入れたりしながら、できることから食事療法を行なうようにし、かつ、ウォーキングなどの有酸素運動も行なって少しずつ回復を目指すと良いそうです。

それから、痛風は基本的には完治はないとされ、一度発症すると一生つき合わなければならないものですが、慢性化を防ぎながら自分の体をコントロールしていくことが痛風改善のための大事なポイントとされているのです。

スポンサーリンク

痛風改善にはサプリメントがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

痛風治療には、よほど症状が悪い状態が続かない限り、通院をしなくても自分自身で調べ、症状を改善することもできます。

そして、尿酸値を上げる食材を控え、尿酸値を下げる効果のある食材を取り入れるといったシンプルで無理のない食事療法を実践し、運動も行ないながら、年に一度の健康診断で尿酸値をチェックして改善を試みると良いのだそうです。

それから、こうした自己治療で尿酸値を降下させる際に、ぜひトライしてみてほしいのが、痛風改善に効くサプリメントです。

痛風改善サプリとは?

痛風に効くサプリメントを選ぶ時には、新機能素材であるアンセリンという成分が配合されているものがオススメです。

ちなみに、このアンセリンとは、長距離を飛ぶ渡り鳥の筋肉中や、回遊魚であるマグロの筋肉中に多く含まれていて、尿酸値の降下作用がある成分です。

そして、アンセリンには体内で尿酸が過剰に生産されてしまうのをコントロールする機能があり、さらに生産された尿酸の排出を促進する機能もあると言われているので、痛風予防に非常に効果的なんです。

それから、痛風は基本的には完治はなく、一度発症すると一生つき合わなければならないので、長期間使用することを考えると、できるだけコストパフォーマンスが良いものがあると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

痛風を根本的に治すなら、恵葉プレミアムがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

こうしたアンセリンを主成分とした痛風のサプリメントには、様々なメーカーの商品が出ていますが、中でも最もリーズナブルでアンセリン含有量が豊富なのが、今回紹介する恵葉プレミアムです。

恵葉プレミアムが痛風改善にオススメな理由は?

恵葉プレミアムは、アンセリンはもちろんのこと、キャッツクローやケルセチン、葉酸など、プリン体を摂取した際の尿酸生成ブレーキ機能や、激痛や腫れといった症状を抑制するサポート機能に優れた天然成分を主成分としているそうです。

さらに、ビタミンCや海藻、ヨモギ、酸化マグネシウムなど、溜まったものを流し出す力をサポートする成分や美容や健康に万能の成分も配合されているので、痛風以外にも美容や生活習慣病改善効果も期待できるので、一石二鳥ですよね。

一方で、注目なのがアンセリンの含有量で、恵葉プレミアムではなんと1日分で500mgも配合しているそうで、これはDHCなどの他のメーカーのアンセリン含有量と比べものにならないほどの贅沢な配合と言われています(DHCだと1日分で60mg)。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

そんな恵葉プレミアムのお値段は、公式サイトで一番人気の「恵葉プレミアム3本セット」は税込19,800円なので1本あたりのお値段が6,600円となります。

そして、1本90粒入りなので、1日3粒飲むことを目安にすると、1日あたりたった73円で済み、DHC(30粒入りで2100円、1日3粒摂取)の場合だと1日70円ということを考えると、アンセリンの含有量だけでなくコストパフォーマンスでも優れているということになります。

ただし、恵葉プレミアムなどのサプリは、あくまで尿酸値降下をサポートするものに過ぎないので、食習慣にも気をつけ、水分を多く摂り、適度な有酸素運動を続けることでより効果が現れるとされているので、ホームケアも怠らないようにしましょうね。

ちなみに、恵葉プレミアムでは現在、6本セットも販売しており、通常より9,480円お得で、3本セットよりさらにコスパが良いので、根本的に痛風改善を目指したい!という方はぜひ、恵葉プレミアム6本セットをお試しください。

というわけで、本格的に痛風改善のためにサプリメントを購入したいと考えている方は、恵葉プレミアムを選ぶことをオススメします!

↓ ↓ 公式サイトはコチラ!? ↓ ↓
尿酸・プリン体対策に!【恵葉プレミアム】

このページの先頭へ