虫刺されでチクチク痛い原因と対処法!痛痒い腫れについても!

画像1虫刺されと言えば蚊のイメージが強く、赤くて小さな発疹ができて、とにかく痒いことが多いですよね。

ただ、虫刺されで患部が腫れて、チクチク痛い時や、痒みを伴って痛痒い場合は、ダニが原因の場合が多いようです。

また、ダニの虫刺されでひどくなると、痛痒い部分がしこりになって残ることもあるので、原因と対処法を知って、正しく処置するようにしましょう。

そこで今回は、虫刺されでチクチク痛い原因と対処法や、痛痒い腫れについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

虫刺されでチクチク痛い原因は?痛痒い腫れについても!

梅雨が始まって蒸し暑い日が増えると、毎日のように蚊に刺されて痒くてたまらないので、虫刺されというと蚊のイメージが強いですよね。

ただ、実は梅雨が始まると増える虫の1つに、ダニもいることはご存じでしょうか?

画像2

高温多湿の環境を好むダニは、特に湿気がこもった暑い室内で、布団やソファなどを中心に増殖しやすいとされています。

そして、ダニは蚊や他の虫と違って、露出している部位以外にもところ構わず咬んでくるので、脇やお腹や胸なども咬まれやすいのです。

また、虫刺されにあって、チクチク痛い時や、痒みを伴って痛痒い腫れが現れている時は、このダニが原因となって症状が出ている可能性が高いですね。

画像3

それから、ダニに咬まれると、写真のような小さな点状の刺し後が2箇所連なって現れることが多いそうですが、こうした症状は、ダニが人間の皮膚を咬んできた時に注入された唾液腺成分や毒成分に対して、体がアレルギー反応を起こすために現れるとされています。

そして、ダニは軟らかい肌や、汗っかきの肌を好むので、そういった方は特に注意が必要です。

それから、ダニは皮膚に強く咬みついて血を吸うため、ダニを発見して無理に剥がしたりすると、頭部が傷口に残ってしまい、皮膚にしこりができる原因になります。

では、ダニによる虫刺されでこうした症状が現れた場合は、どのように対処するのが正しいのでしょうか?

虫刺されでチクチク痛い時の対処法はコチラ!

画像4

もしもダニが皮膚を咬んでいるところを発見したら、無理に剥がさないように注意し、消毒用のエタノールをガーゼやコットンに染みこませて、ダニに押し当ててください。

そして、ダニが死んだことを確かめてからガーゼで拭き取り、患部には虫刺され用のステロイド配合薬を塗りましょう。

それから、虫刺され用の市販薬には様々な商品が出ていますが、ムヒアルファEXはダニも含めて色々な虫に対応しているので、オススメですよ。

画像5

【Amazon.co.jp アソシエイト】


また、もしも無理に剥がしてしまって、しこりが残る場合には、化膿や炎症を起こしている部位にも効くステロイド薬として、ベトネべートN軟膏がオススメです。

画像6

ベトネべートN軟膏は、皮膚科でもよく処方されるリンデロンVGと類似の成分が配合されているので、抗炎症作用や殺菌作用に優れているとされています。

ただ、こうしたステロイド薬には副作用の心配があるので、使用上の注意はしっかりと守りながら使うようにしましょう。

【Amazon.co.jp アソシエイト】


それから、ダニに刺された時には、蚊と同様に温めると炎症が悪化して、痒みを我慢できなくなるので、熱いお風呂への入浴や、アルコールは控えると良いでしょう。

ただ、こうした対処法でもなかなか炎症が治まらないようであれば、できるだけ早く皮膚科を受診するようにしてくださいね。

ちなみに、家の中には他にも様々な虫がいて、タバコシバンムシやシバンムシアリガタ蜂などに咬まれると、ダニに似た症状でチクチクと痛痒い腫れが現れることがありますが、露出部分のみ被害にあうことが多いので、見分けるようにしましょう。

そして、対処法はダニと同じで、痒みに効くムヒアルファなどの薬を塗って、血行を促進させすぎないように注意していれば痒みも治まり、数日で治るとされています。

スポンサーリンク

その痛み、原因は虫刺されじゃないかも?

画像7

ダニなどの虫刺されの症状と間違えられやすい病気に、帯状疱疹(たいじょうほうしん)という感染症があるのはご存知でしょうか?

そして、帯状疱疹とは、体にできる発疹と強い痛みが特徴の皮膚炎の一種で、ウイルス性の病気ですが、もともと体に潜んでいたウイルスが活性化することにより引き起こされるとされています。

それから、主な原因ウイルスは子供の頃に感染した水疱瘡の水疱瘡ウイルスが原因になることが多く、大人になってからもストレスなどで体の免疫機能が低下した場合に活動を再開してしまうそうです。

そして、チクチクという痛みが続き、皮膚が赤く腫れるので、虫刺されと間違えやすいのですが、ダニのように咬まれた痕が出ないことと、体の左右どちらかにだけ現れることが特徴なので、その点で見分けるようにしましょう。

また、帯状疱疹は体のどこに出るかは決まっていなく、胸や背中にかけて多く見られますが、もしも顔に出た場合は、顔には重要な神経が集中しているため、治療が遅れると顔面麻痺などの後遺症が残る可能性があります。

そのため、もしもこのような症状が出て判断に迷った時には、早めに皮膚科を受診し、虫刺されによる症状ではないことを確認したら、帯状疱疹の正しい治療を行ってもらうようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、虫刺されでチクチク痛い原因と対処法や、痛痒い腫れについても詳しくお伝えしました。

まず、虫刺されでチクチク痛い時や、痛痒くて赤い腫れが出た場合は、ダニによる虫刺されが多く、ダニは無理に剥がしてしまうと頭部が皮膚に残ってしまってしこりの原因になるのでしたね。

なので、ダニを発見したら剥がさずエタノール消毒で殺菌し、拭き取ってからムヒアルファなどの痒みに効く薬を塗ると良く、もししこりが残ったら、化膿や炎症に効くベトネべートF軟膏をオススメしました。

また、こうした症状と間違えやすい病気として帯状疱疹を紹介し、治療が遅れると後遺症が残ることもあるので、判断に迷ったら病院へ行くとのことでしたね。

虫刺されにも様々な種類があり、他の病気と間違えることもあるので、特徴をとらえて正しく対処するようにしましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ