「症状」の記事一覧

虫刺されでただれた時の原因と対処法!薬のオススメも!

夏になると肌の露出が増えますが、その一方で虫の活動が活発になることで増えてくるのが虫刺されですよね。 そして、虫刺されで肌がただれてしまうと、肌を出したくても出せずにとても困ったり、いやな思いをしたりしてしまうことがあるかもしれません。 そこで今回は、虫刺されで肌がただれてしまった時のために、ただれとはそもそもどういうもののことをいうのか、また、その原因と対処法、さらには、オススメの薬をご紹介いたします。

虫刺されが連続しているときの原因や対処法!薬のオススメも!

屋外で虫よけスプレーをせずに長時間遊んでいて、虫刺されが全身にできてしまったという経験は皆さんあると思いますが、多くの場合は蚊によるものではないでしょうか。 ただ、虫刺されが連続して何個も連なるようにできていたり、同じ場所に密集して幾つもできている時は、蚊以外の虫の可能性が高いようです。 そして、そういった場合は蚊の虫刺されに効くかゆみ止めを使っても大丈夫なのかも気になりますよね。 そこで今回は、虫刺されが連続しているときの原因や対処法、薬のオススメについてをご紹介いたします。

虫刺されの跡の種類と消す薬!早く治すには皮膚科に行くべき?

夏になると人間が薄着になるのとともに、虫の活動が活発化し増えてくるのが虫刺されで、肌を出すことが多くなると気になるのが虫刺され跡だと思います。 では、虫刺されの跡の種類にはどのようなものがあって、腫れなどの虫刺され跡を消す薬にはどのようなものがあるのでしょうか。 そこで今回は、虫刺されの跡を早く治すために自分でできる簡単な対処法と、虫刺され跡を早く治し消すには皮膚科に行くべきなのかどうか、また、虫刺され跡が消えない場合はどうしたらいいのかをご紹介したいと思います。

虫刺されのかゆみを止めるための対処法!治らないでぶり返す時も

虫刺されでかゆみが出ても、数時間程度で治まる場合と、長い時間ずっと痒い場合がありますが、その違いは何なのでしょうか。 そして、一度かゆみが治まったと思ったら翌日にまた、ひどいかゆみがぶり返すこともあり、これはただの虫刺されとは違うのではないかと心配になる人もいるそうです。 また、虫刺されのかゆみに対しては塗り薬を使うことが一般的ですが、飲み薬を使う人もいるそうで、どんな種類があるのか、そして副作用は無いのか気になりますよね。 そこで今回は、虫刺されのかゆみを止めるための対処法や、治らないでぶり返す時についてご紹介いたします。

虫刺されからリンパ管炎の発症に要注意!病院は何科に行くべき?

虫刺されというと、蚊などに刺されてちょっとした痒みや腫れなどのイメージが強い方が多いのではないでしょうか? ただ、虫の種類によっては症状が重く、リンパ管炎という症状を併発することもあるのですが、あまり効いたことのない病名なので、病院は何科に行くべきかなど、知っておきたいですよね。 また、虫刺されでリンパ管炎の場合は、病院でどのような薬を使って対処するかなども気になるのではないでしょうか? そこで今回は、虫刺されからリンパ管炎を発症するときの注意や、病院は何科に行くべきかといったことについて詳しくお伝えしていきます。

虫刺されが増える理由と対処法!注意点や原因についても!

気温や湿度が上がる梅雨から夏の時期にかけては虫刺されにあうことが多く、毎日のように体が痒かったり痛かったりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 また、虫に刺されてない部分でも、気づいたら発疹が増えることがあるので、困ってしまいますよね。 そして、こうした虫刺されが増える時はどのように対処し、注意したら良いのか、知っておきたいのではないでしょうか。 そこで今回は、虫刺されが増える理由と対処法や、注意点や原因についても詳しくお伝えしていきます。

虫刺されでヒリヒリと痺れる時の原因と対処法!注意点についても

暑くなってきて木や草花も成長し、緑が豊かな場所へレジャーなどに出かける事が増えると、様々な虫刺されにあいますよね。 そして、虫刺されの症状は、ほとんどが痒くて赤い発疹が現れることですが、場合によってはヒリヒリと痺れる時もあるので注意が必要です。 そのため、虫刺されでヒリヒリと痺れる時の原因は何なのかといったことや、対処法なども知りたいのではないでしょうか? そこで今回は、虫刺されでヒリヒリと痺れる時の原因と対処法や、注意点について詳しくお伝えします。

虫刺されでボコボコやプツプツになる時の対処法!原因と注意点も

暑くなってくると、毎日のように蚊などに刺されてあちこち痒くて困ってしまいますよね。 ただ、虫刺されの発疹もボコボコしたものやプツプツしたもの、また、ぶつぶつしているものなど見た目は様々なので、原因は何なのか気になるのではないでしょうか? それから、こうした発疹の現れ方で、何の虫による虫刺されなのか判別がつくのですが、それによって対処法が異なるので注意が必要です。 そこで、今回は虫刺されでボコボコやプツプツになる時の対処法や、原因と注意点について詳しくお伝えします。

虫刺されで傷口から汁が出る時の対処法!毒抜きや止まらない時も

虫刺されというと、蚊に刺されて、赤くて小さな痒みのある腫れができるイメージの強い方が多いのではないでしょうか? しかし、虫の種類によっては、虫刺されの傷口から汁が出ることがあり、なかなか止まらない時はどうしたら良いのでしょうか? また、こうした虫刺されの時の毒抜きのポイントについても、知っておきましょう。 そこで今回は、虫刺されで傷口から汁が出る時の対処法や、毒抜きや止まらない時について詳しくお伝えしていきます。

虫刺されでミミズ腫れになる原因と対処法!円形や三角の時も!

虫刺されにあうと、その人のアレルギー反応の出方によって、症状が少しずつ異なるので、常にかゆみや痛みだけが生じるわけではありません。 そして、虫刺されでミミズ腫れになり、それが円形や三角など変わった形で生じることもあるのですが、原因は何なのでしょうか? また、虫刺されでミミズ腫れができた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか? そこで今回は、虫刺されでミミズ腫れになる原因と対処法や、円形や三角の時について詳しくお伝えしていきます。

このページの先頭へ