「熱中症」の記事一覧

熱中症の予防法と注意点!癖になるのを防ぐためのポイント!

毎年のように記録を更新する夏の最高気温ですが、そんな暑い夏に特に気を付けたいのが、発症すると急速に症状が進行し、重症化することもある熱中症です。 ただ、熱中症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか。 また、「熱中症は繰り返す」とか「熱中症は癖になる」と良くいわれますが、回復した後日にどのように予防すれば再発を防げるのかも気になりますよね。 そこで、今回は熱中症の予防法と注意点、また、癖になるのを防ぐためのポイントについてご紹介いたします。

熱中症で病院に行くなら何科?行くべき目安は?治療内容や薬も!

熱中症では頭痛や吐き気、めまいといったさまざまな症状が出ることがあり、時には意識を失うような危険な状態になることもあります。 そして、場合によっては病院で治療が必要となりますが、熱中症でどのような症状が出たら病院へ行けばいいのかという目安はなかなかわかりづらいものですよね。 また、熱中症は病院の何科を受診すればいいのかといったことや、熱中症を治すために病院で薬がもらえるのかといったことも疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。 そこで、今回はこれらの疑問と合わせて、熱中症で病院へ行った際に行われる治療についてや、熱中症で病院へ行く前に知っておきたい対処法などをご紹介します。

熱中症と脱水症状の違いとそれぞれの対処法!注意点もチェック!

気温や湿度が高くなる暑い夏に注意が必要な病気に「熱中症」と「脱水症状」がありますが、意外にも熱中症と脱水症状の違いはあまり知られていないのではないでしょうか。 実際、この2つの症状は関連性が非常に高く、同じもののような感じがしますが、実は全く違うものなのです。 そのため、それぞれの特徴や注意点をきちんと知り、症状にあった対策をすることが大事で、間違った対策を行うと、治療が長引いてしまい重症化する可能性があるのです。 そこで今回は、熱中症と脱水症状の違いや対処法、注意点などをご紹介いたしますので参考にしてください。

熱中症で頭痛が翌日も治らない時の治し方と注意点!ロキソニンも

熱中症において、頭痛や吐き気といった症状は熱中症で頭痛などを起こした翌日にも出る場合があります。 そのため、翌日も熱中症で頭痛が治らない場合には、熱中症で頭痛が起きる原因を知り、熱中症の頭痛に対し適切な処置を行う必要があります。 なぜならば、熱中症の頭痛などの症状は放置すると悪化し、熱中症による頭痛で対処が遅れれば病院に行く事態もあるからです。 また、熱中症だけでなく、頭痛がある時にはロキソニンなどを飲む方もいらっしゃると思いますが、熱中症にも効果があるのでしょうか。 そこで、今回の記事では、熱中症による頭痛が続く時の原因や熱中症による頭痛の治し方、そしてロキソニンの効果についてをご紹介します。

熱中症で下痢が治らない時の対処の仕方と注意点!食事についても

毎年夏になると、重症者が出てしまう熱中症ですが、かかると様々な症状が引き起こされてしまいます。 そして、熱中症の症状の中には、下痢や嘔吐、発熱といった辛い症状や、危険な症状もありますよね。 では、熱中症になると、なぜこのような下痢や嘔吐といった症状を引き起こしてしまうのか、原因は一体何なのでしょうか。 また、熱中症で下痢などの症状があるときに、どのような食べ物が良いのか、また吐き気や腹痛にはどう対処したら良いのか知っておきたいですよね。 そこで、今回は熱中症で下痢が治らない時の対処の仕方と注意点や、食事についてもご紹介していきたいと思います。

熱中症でめまいが続くときの対処の仕方と注意点!治らない理由も!

夏の日差しが続くような暑い日は熱中症になる方が増えてきますが、この熱中症という病気は、症状が人それぞれ様々でその程度も個人差があるものです。 例えば、熱中症でめまいや吐き気で嘔吐したり頭痛が続いていたら辛いですよね。 さらに、熱中症は重症化してしまうと最悪死に至ることもあるほど恐ろしい病気ですから、治らないのであれば治らない理由も知りたいですよね。 そこで今回は熱中症でめまいが続く時の対処の仕方と注意点、また、治らない理由についてもご紹介させていただきます。

熱中症の症状で血圧低下や血圧上昇が起こる原因と対処法をチェック!

気温が上がってくると、毎日のように熱中症という言葉を耳にするようになり、さまざまな対策グッズを店頭で見かけるようになってきますよね。 熱中症ではめまいや頭痛などさまざまな症状が出ますが、重症になると命に関わる場合があり、注意が必要です。 そして、熱中症になると血圧にも影響が出て、血圧低下が起こる人がいる一方で、熱中症で血圧が上昇してしまう人もいるようです。 そこで、今回は熱中症の症状や血圧の変化が起こる原因、そしてそれらの対処法についてをご紹介します。

熱中症で重症化した事例!膀胱炎や急性腎不全や多臓器不全など!

毎年夏になるとニュースなどで、熱中症の情報を耳にするようになり、自分も気を付けなくてはと思わされますよね。 また、体力のない子供や高齢者は気を付けていても、熱中症になりやすく、あっという間に重症化してしまうこともあるのだそうです。 ですので、いざ熱中症になったときの応急処置やそのやり方などを知っておくことが重症化させないためにも重要になってきますよね。 そこで、今回は熱中症で重症化した事例、膀胱炎や急性腎不全や多臓器不全などをご紹介していきたいと思います。

熱中症の時の点滴の種類と成分と効果!料金についてもチェック!

夏の日差しが強いような日は、夏バテや熱中症になってしまう方も多いのではないでしょうか。 そして、もしも熱中症になってしまったら、とにかく涼しくして水分補給を、と考えると思いますが、中には、医療機関で受診して「とりあえず点滴お願いします」なんて言う人もいるそうです。 しかし、熱中症の時の点滴には注意が必要なのですが、そもそも点滴にはどんな種類でどんな成分のものを使うべきかわかりませんし、また、どんな場所で治療をして、その料金はどのぐらいで…、なんて、実はわからないことはたくさんありますよね。 そこで今回は熱中症の時の点滴の種類と成分と効果について、また、料金についてもご紹介いたします!

熱中症で労災の事例と申請の手続きの仕方!認定基準は?

夏本番を迎えると、特に営業など外回りの多いビジネスマンは、熱中症にかかりやすくなるので心配になる方も多いのではないでしょうか? そして、仕事中に熱中症にかかった場合、労災の対象となった事例はあるのか、職場で熱中症になった場合は労災に当たるのかなど、気になりますよね。 また、熱中症は労災の認定の病気なのか、厚生労働省の規定はどうなっているのか、知りたいですよね。 さらに、熱中症の労災の手続きの仕方や、申請方法も気になるところです。 そこで今回は、熱中症で労災の事例と申請の手続きの仕方や、認定基準についてお伝えしていきます。

このページの先頭へ