「日焼け」の記事一覧

酸化チタンの日焼け止めへの効果と安全性!発がん性は大丈夫?

敏感肌の人や、子供用の日焼け止めでは、ノンケミカル商品が特に人気ですが、ノンケミカルだから安心と決めつけてしまうのは危険ですよね。 そのため、こうしたノンケミカル商品に含まれている酸化チタンの日焼け止めへの効果と安全性について詳しく知りたいのではないのでしょうか? また、酸化チタンの発がん性についても気になりますよね。 そこで今回は、酸化チタンの日焼け止めへの効果と安全性や、発がん性は大丈夫なのかといったことについて詳しくお伝えしていきます。

アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由!口コミも!

新生児など、生まれたての赤ちゃんは夏の暑い時期になるとたくさん汗をかくので、あせもができやすいので心配ですよね。 そして、こうした汗をかきやすい赤ちゃんなどの肌は、虫除けや日焼け止めもきちんと選んだ方が良いのだそうです。 そのため、赤ちゃんにも使える虫除け日焼け止めでアロベビーがおすすめな理由や、実際に使った人の口コミも気になるのではないでしょうか? そこで今回は、アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由と口コミについて詳しくお伝えしていきます。 ↓ ↓ 公式サイトはコチラ! ↓ ↓ アロベビーが日焼け止めと虫除けに最適な4つの理由! 赤ちゃんは体温が高く、暑い時期になると虫刺されに遭いやすく、紫外線による肌のダメージで、ふわふわとした繊細な肌が傷つかないか心配になりますよね。 そして、赤ちゃんは大人にくらべて汗をかく量が2倍近く多いとされていて、肌に汚れが蓄積しやすいので、虫刺されや紫外線によってダメージを受けると、それがきっかけになって肌に炎症を起こしてしまうのです。 それか・・・

日焼けのケアにビタミンCのサプリが危険な理由!副作用に注意!

これからの季節、薄着になって気になるのは、降り注ぐ紫外線への日焼け対策ですよね。 そして、そんな日焼け対策にビタミンCが効果的だということは、すでに多くの人がご存知かと思います。 けれど、日焼け対策に限らず、ビタミンCは外から補給しないと体内では作られないため、お手軽にサプリメントで飲んでいる人もまた多いのではないでしょうか。 ところが近年にわかに、日焼け予防にと普段から気軽にサプリで摂取していたビタミンCにもまた、副作用があることが報告されているそうです。 そこで、今回はそんなビタミンCの効果や危険な副作用について、お伝えしたいと思います。

日焼けで皮膚がむけるときの対処法!皮が硬いときや臭いときも!

日差しが強くなると、うっかり日焼けをして皮膚がむけるといった肌のトラブルが増えてきます。 ひどい日焼けになると、皮膚が赤くなるだけでなく湿疹ができるなど不快な症状がいくつも出てきますが、中でも日焼けによって起こる皮膚のかゆみは非常に辛いものですよね。 また、日焼けの後に皮膚がゴワゴワと硬い状態になる、日焼けしたあたりの皮から臭いが出るといった症状もあるようです。 そこで、今回の記事ではこのような日焼けの肌トラブルに注目し、皮むけの原因やケアの方法、また日焼けで肌がごわついたり、皮が臭うときの対処法についてをご紹介します。

日焼けでニキビが治る理由と注意点!ニキビ跡はキレイに消える?

日焼けの原因となる紫外線は、4月頃から徐々に強くなっていきます。 そして日焼けをすると、シミ、シワが現れる一方で、ニキビが治るという方もいます。 しかし、これは一時的な変化に過ぎず、日焼けをするとニキビ跡ができてしまいます。 こうした日焼けによるニキビ跡はどうやったら消えるのか、消す方法を知りたいですよね。 そこで今回は、日焼けでニキビが治る理由と注意点や、ニキビ跡はキレイに消えるのかといった点について詳しくお伝えしていきます。

日焼け後の顔の症状と対処の仕方!腫れる原因もチェック!

紫外線の強い季節は、肌の露出が増える季節でもあります。 ただ、そんな季節になったら困るのは日焼けですよね。 特に、日焼けで顔が真っ赤になったり、ひりひりと痛いときがあったり、乾燥したり、腫れたりと同じ日焼けでも症状も様々ですが、その原因が違うことはご存知でしょうか。 また、その人の肌質によっても、日焼けの症状や処置の方法が違ってきたりするのです。 さらに、日焼けに対して軽い判断をしてしまうと治りが遅くなることもあり、顔にシミができたり、まだらになったりと大変なことにもなってしまいます。 そこで、今回は日焼けした時の顔の症状の違いや対処の仕方、また、腫れる原因についてご紹介します。

アトピーに日焼けが危険な理由と対処法!まだら対策も!

アトピーの方にとって、夏場の日焼けで症状が悪化してしまったり、皮膚がまだらになってしまったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ですが、夏場の日焼けを完全に防ぐことって、なかなか難しいですよね。 また、アトピーのためにステロイドを使用している方もいると思いますが、日焼けとステロイドの関係など心配だと思います。 そこで、アトピーの人に日焼けが危険な理由と対処法や、まだら対策をご紹介していきたいと思います。

日焼けの治るまでの期間とムラを治す方法!注意点もチェック!

夏本番になると、日差しが強くなり日焼けや日焼けによるシミなどマイナートラブルが増えてきますよね。 なので、この時期になるとお肌の手入れなどいつも以上に気を付けていらっしゃる方も多いと思います。 ただ、それでも、ちょっとした外出時やプールなどのレジャーで、ついついお手入れを抜かってしまったり、対策をしていても日焼けをしてしまったなんてことがあるのではないでしょうか。 そこで、今回は日焼けの治るまでの期間とムラを治す方法や注意点をご紹介していきたいと思います。

日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点!リンデロンやロコイド

真夏の炎天下で日焼けをすると、皮膚が真っ赤になってしまい、水ぶくれや内出血になってしまうこともありますよね。 赤くなる程度の日焼けであれば、基本的にはまず冷やして、その後に化粧水やジェルなどで保湿をすれば大丈夫と言われています。 ただ、水ぶくれになるほど症状が悪化している場合は、ステロイド外用剤(ステロイド剤が含まれている薬)を病院で処方されることもあるそうですが、副作用が少し心配ですよね。 そこで今回は、日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点や、ステロイド外用剤のリンデロンやロコイドについてをご紹介いたします。

日焼けした肌の手入れ法と注意点!ぷつぷつはワセリンラップで!

どれだけ予防の対策をしていても、強い日差しの中に出ないといけない時にしてしまうのが日焼けですよね? ただ、もし日焼けをしてしまった場合には、肌の手入れをどういうふうにすれば、再生を早めることができるのでしょうか。 また、日焼けをする前の肌の状態に戻すにはどうしたらよいのでしょうか。 さらに、日焼け後に肌にぷつぷつができてしまったときの対処法とは? そこで今回は、日焼け後の肌のお手入れ法とその注意点、また、ひどい日焼けをして赤みや痛み・ぷつぷつとした水泡ができた場合はワセリンラップが有効ですので、その方法などをご紹介したいと思います。

このページの先頭へ