ヘパリーゼZの効果をドリンクとの違いも含めて実体験レビュー!飲むタイミングで二日酔いへの効果は違う!?

「ヘパリーゼZって実際に、いつ飲めば二日酔いに効果あるの?」

「毎週の飲み会が辛い!ヘパリーゼZって高いけど効果あるの?」

「ヘパリーゼZって他の種類と比べてどう違うの?」

というように、ヘパリーゼZは、ウコンの力に比べて、少し高いので、手を出しづらいですよね。

そして、ヘパリーゼには様々なタイプがあり、その中でも「ヘパリーゼZ」という錠剤タイプには、二日酔いを抑える効果があります。

しかし、ドリンクタイプとの効果の違いや、それぞれいつ飲めばよいかタイミングがわかりづらいですよね。

そこで、「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプの効果を調べてみると、口コミの評判がメチャクチャ良かったです!

その口コミを頼りに、実際に「ヘパリーゼZ」を服用してみたところ、二日酔い対策としても、翌日の朝にお酒を持ち越さない嬉しい効果がありました!

ただ、「ヘパリーゼZ以外でもいいんのじゃないかな?」って疑問が湧いてしまったので、今回は飲酒前に…

・「へパリーゼZ(錠剤)」

・「へパリーゼW」ドリンクタイプ

・「へパリーゼW」粒タイプ

・「へパリーゼWハイパー」ドリンクタイプ

・何も飲まなかったタイプ

 

の5パターンで試飲してみたんですが、驚きの結果が出ました。

特に効果の違いで、あまりにハッキリ出てしまったんです!

ヘパリーゼZについてまず公式サイトをチェックしておくならコチラ!

ヘパリーゼZでの実体験の結果は?

「ヘパリーゼ」シリーズを実際に試したところ、5パターンの中で最も効果があったのは、やはり「ヘパリーゼZ」!!

ヘパリーゼZだけは、翌日の体調が最もよく、朝食もおいしく感じられて、ごはんお替りしちゃいました(笑)

そして、今回の実験で分かった二日酔い対策の効果を順位付けしました!

1位:ヘパリーゼZ

2位:へパリーゼWハイパー(ドリンクタイプ)

3位:ヘパリーゼW(粒タイプ)

4位:ヘパリーゼW(ドリンクタイプ)

5位:何も飲まなかった場合

 

今回、比較するために用意したのは、コンビニで買える「ヘパリーゼW」「ヘパリーゼWハイパー」です。

コンビニで買える2種類のヘパリーゼもそれなりに効果が高く、二日酔い対策としても十分でした。

ですが、「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプは、「W」や「Wハイパー」に比べ、圧倒的な効果があり、翌朝の体調はもちろん、飲んでいる最中から悪酔いをせずに、お酒を楽しむことができました!

 

飲酒時の条件

ちなみに、今回は以下の条件で試しています。

・飲酒の実験は1日1回のみとし、連続して5日かけて実験。

・飲むお酒は同じもので、赤ワイン190ml。

・23時~24時で、夕食後1時間後から飲酒を開始。

・ヘパリーゼは、食後に服用する。

・飲酒後の睡眠時間は5時間程度。

・起床後、脈拍を計測し、体調をチェック。

 

実験したのは、私自身(男性30代後半)で、お酒は飲めるけど、それほど強くなく、二日酔いが残りやすい体質です。

私はお酒弱い人同様に、飲酒前に悪酔い対策のドリンクを飲まないと、ビール5~6杯で二日酔いになります。

 

ヘパリーゼZの効果とドリンクとの違い

次に、5パターンの実験からわかった効果とドリンクの違いを、さらに詳しく紹介します。

まず、下記の5日間の実験結果のレビューをご覧ください。

 

1日目:何も飲まないで飲酒

起床時の脈拍数:72

ヘパリーゼなど悪酔い対策は一切せずに、夕食1時間後から飲酒したところ、翌朝は完全に二日酔い状態で、頭痛が残りました。

倦怠感がメチャクチャあって、昼過ぎまでグッタリ…。

食欲も湧かなかったです。

仕事も捗らず、体調回復のために丸一日費やした形に…。最悪の1日になってしまいました…(泣)

 

2日目:ヘパリーゼZ(錠剤タイプ)

起床時の脈拍数:79

今回最も効果が高かった「ヘパリーゼZ(錠剤タイプ)」ですが、ワインを飲んでいる最中から酔いを抑えてくれていて、「効果がある」と実感できるほど体調が良かったです~☆

私自身、お酒を飲んで、ここまで気持ちよく眠れたのは初めてではないでしょうか!?

dav

そして、就寝時は寝つきが良く、翌朝も気持ちよく目覚めることが出来て、気力が充実しているのがハッキリと分かる状態でした!

ドリンクタイプと違い、サプリメント感覚で持ち運べて、場所も取らず、ドリンクをグイグイ飲む時の、あのイカツイ姿を人に見せないで済むのは嬉しいですね(笑)

 

 

3日目:ヘパリーゼW(ドリンクタイプ)

起床時の脈拍数:72

ヘパリーゼWのドリンクタイプは、たくさん飲んだ日の二日酔い対策には、少し頼りなく、効果はイマイチでした…。

ヘパリーゼZほど酔いのまわりを抑えていないのが、体感でハッキリとわかってしまうほどです!

翌朝はだるさと頭痛が残り、気力も少し落ち込み気味で、元気よく仕事をしたい場合には、追加でレッドブルやリポビタンDの助けが必要ですね…。

 

4日目:ヘパリーゼWハイパー

起床時の脈拍数:68

効果は、「ヘパリーゼW」のドリンクタイプよりも強力です。

しかし、「ヘパリーゼZ(錠剤)」には、少し及ばないくらいの感じです。

というのも、飲んでいる最中から、酔いが抑えられている感がありましたが、寝付きが悪く、睡眠の質が少し悪いように感じました。

ただ、翌朝には頭痛やグッタリした疲れは残らず、スッキリとした気分で起床できました。

翌日の日中は、心身の気力も充実しており、体調に大きなトラブルはありませんでした。

今回試した中で、唯一、コンビニで入手できる二日酔い対策としては、安心できるレベルだと感じました。

 

5日目:ヘパリーゼW(粒タイプ)

起床時の脈拍数:71

「ヘパリーゼW」の粒タイプは、効果としては「ヘパリーゼWハイパー」とほぼ同等くらいでした。

もちろん、翌朝の二日酔いもなく、気持ちよく起きられて、お昼にかけて、普通に出勤して、仕事もまあまあ捗りました。

服用時は、水かぬるま湯で、1回に2粒ずつ服用します。

ヘパリーゼZを飲むタイミングと二日酔いへの効果の違い

 

「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプは、二日酔いへの効果があり、飲むタイミングは特に指定はなく、販売元のゼリア新薬でも、飲むタイミングについて明確には公表していませんでした。

今回の実験のように、お酒を飲む30分から1時間前に、服用しておくと、二日酔いに対する効果がより一層期待できますね。

ただ、悪酔いし始めてから飲んだ場合には、どのくらい効き目があるかまったくわかりません(笑)出来れば飲酒前にヘパリーゼZを飲むようにしてください。

また、二日酔いへの効果の違いですが、「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプは、お酒を飲んでいる最中から、すでに効果が表れていて、すぐに肌が赤くなってしまうのに、全然白かったんです!

さらに、翌朝の起床後の体調が飛び抜けて良く、仕事もバリバリ消化することができた点が、その他のヘパリーゼとの大きな違いでした。

なので、絶対に二日酔いをしたくない!という方は、コンビニで栄養ドリンクを購入するよりも、錠剤タイプの「ヘパリーゼZ」が一番のオススメです。

そして、「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプは、単に二日酔い防止だけでなく、健康サプリメントとしても評価が高いことで有名です!

「豚肝臓エキス」、「オルニチン」、「ウコンエキス」、「黒ゴマエキス」、「L-シスチン」の健康成分が含まれているので、普段から飲んでおくと、病気に負けないカラダ作りのサポートにもなりますね!

だからこそ、翌日に酔いを一切残さずに、スッキリ毎日を過ごしつつ、スッキリ仕事を消化して、毎日おいしいお酒をもっと楽しみたい!というアナタは、この機会に「ヘパリーゼZ」の錠剤タイプをぜひ試してみましょう♪

ヘパリーゼZを飲んで毎日の楽しいお酒ライフを手に入れるならコチラ!

続けて読むならコチラがオススメ!?

・ヘパリーゼ錠剤の種類と効果の違いと副作用!何錠が良い?

・ヘパリーゼ錠剤とハイチオールCはコスト的にどっちがお得?

このページの先頭へ