痛風の原因や好発部位!飲み物の注意点やストレスとの関係も!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91痛風と言えば、ビールなどに代表されるプリン体の摂りすぎで足が痛くなるイメージはあるけれども、実は詳しく知らない方も多いと思います。

そのため、痛風の原因には飲み物や食事、ストレスなど、具体的にどのようなものがあるのか知りたいのではないでしょうか?

また、痛風の好発部位はどこか、女性にも起こるのかといったことや、原因に対してどのような対策を取れば良いのかも気になりますよね。

そこで今回は、痛風の原因や好発部位、そして飲み物の注意点やストレスとの関係についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

痛風の原因とは?飲み物や食事、ストレスなど!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

痛風発作が起きると、主に足などの指に激痛が走り、それまで感じたことのないほどの激痛なので、驚いてしまうそうです。

そして、この痛風の痛みには、尿酸と白血球が関係しています。

それから、健康な人の体内では、1日に約600~700mgの尿酸が作られますが、腎臓からほぼ同じ量が排泄されることで、体内の尿酸値は一定に保たれています。

しかし、尿酸がたくさん作られすぎたり、うまく排泄されなくなったりすると、体内に尿酸が増えすぎて、血液の中に溶けきれなくなってしまいます。

そして、余った尿酸は徐々に結晶となって、関節の膜の部分に沈着していきますが、突然剥がれ落ちてしまうことがあるのです。

すると、免疫機能の1つである白血球がこれを異物とみなし、排除するために攻撃しにくるので、その結果、関節に炎症が起き、激しい痛みが生じ、痛風発作が現れるのです。

尿酸値を上げる要因は?痛風は女性もかかるの?

尿酸値を上昇させ、痛風を招く要因には、次のようなものがあるとされています。

・肥満

尿酸値が高い人の大半は、大食い、早食い、不規則な食事など、肥満を招くような食生活を行なっている方が多いとされています。

そして、レバーや魚卵、干物など、プリン体の多い食品の摂りすぎも、尿酸値を上昇させると言われています。

・アルコール

尿酸値が高くなる原因と言えば、プリン体の多いビールをイメージする人が多いですよね。

ただ、ビールに限らず、アルコールが代謝されると、尿酸が合成されてしまうため、アルコールは全般的に摂りすぎると尿酸の排泄を低下させる働きもあるので、注意が必要です。

・ストレス

ストレスを受け続けると、自律神経や免疫機能、ホルモンバランスが乱れてしまうとされています。

その結果、腎臓から尿酸が排泄されにくくなり、尿酸値が上昇すると考えられており、また、ストレスによる暴飲暴食も尿酸値を上昇させる要因になります。

この他にも、サッカーやダッシュ、バスケットボールなど、激しい運動をする習慣がある方は、疲労物質の尿酸が体内に溜まり、尿酸の排泄機能を低下させるので、尿酸値の上昇につながるとされているそうです。

そして、家族や親類に痛風患者がいるなどの遺伝的な要素や、腎臓病や高血圧の薬の副作用にも尿酸値を上げる要因があるので、どんな人でも痛風になる可能性はあるんですね。

こうして痛風になる原因には様々なものがありますが、特に高カロリーの食事やアルコールの過剰摂取といった食習慣が原因になることが多いので、必然的に男性の方が圧倒的に痛風にかかりやすいとされています。

一方女性は、こうした食習慣を送る人は男性よりは少ないことと、女性ホルモンが痛風の原因となる尿酸の生成を抑える作用があるので、女性はかかりにくいんですが、閉経後の女性は男性と同じく痛風にかかる可能性が高まると言われています。

痛風の好発部位はココ!基本の対策も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

痛風の尿酸結晶は体のどこにでも沈着するのですが、特に溜まりやすいのが親指の付け根の関節で、痛風発作も親指の付け根の関節だけで全体の7割を占めていて、発生頻度はダントツとされています。

そして、かかとや足の甲、くるぶし、足の関節、ひざ、アキレス腱などにも多く発生するので、膝から下だけで痛風発作全体の9割を占めているそうです。

こうして痛風の好発部位が足に集中する理由には、尿酸が次の部位に溜まりやすい特徴があるためとされています。

・体温が低い部位

・よく動かし、負担がかかりやすい部位

・酸性度合いが高い部位

・タンパク質が少ない部位

・血流が悪い部位

このように、上半身に比べて下半身の方が体温が低いことや、血流が滞る傾向が強いことが理由となって、下半身に痛風の症状が集中するのです。

ただし、痛風の発作を繰り返し、慢性化してくると、上半身にも同様の症状が現れるようになり、手の甲、指の関節、手首、肘、耳の軟骨などで、さらに症状が進行してくると手の関節に変形やコブなどまで見られるようになるというので、怖いですよね。

一方で、大きくて深い関節には痛風の症状は出にくいので、股関節や肩甲骨などに発症することはないと言われているそうです。

痛風の対処法のポイントとは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

痛風では、突発的に症状が現れるのでビックリしますが、こうした時はまずは安静にし、痛みや腫れが現れた部位を氷水や保冷剤などで冷やすと良く、ロキソニンなどの痛み止めも適度に服用すると良いとされています。

そして、痛風発作の痛みのピークは24時間以内に訪れ、3日以内には痛みが引いて、長くても10日以内には治まるのですが、この後ちゃんとした治療を行なわないと、痛風は再発するのです。

それから、痛風の再発は1年以内には起こり、人によっては半年だったり3ヶ月以内に起こることがありますし、治療しないでいるとこうした痛風の再発の頻度はどんどん高くなっていくというので怖いですよね。

そのため、痛風では発作が現れた時にその都度対処するだけでなく、尿酸値をそれ以上上げないために、食生活の改善をすることが必須となります。

そして、尿酸はどのような食材にも少なからず含まれているものなので、尿酸の摂取制限を真面目にやろうとしても現実的ではなく、かえってストレスがたまってしまって暴飲暴食の原因になりそうですよね。

そのため、少しでも尿酸値を下げる効果のある食材を取り入れたりしながら、できることから食事療法を行なうようにし、ビールなどアルコールの摂取はストレスにならない程度に控えるようにしましょう。

そして、運動は血流を改善して尿酸値排出をサポートしますが、痛風発作を発症した人は激しい運動はやめて、ゆっくりとしたウォーキングやサイクリングなどに切り替えるようにしましょうね。

痛風は基本的には完治はないとされ、一度発症すると一生つき合わなければならないものですが、慢性化を防ぎながら自分の体をコントロールしていくことが痛風改善のための大事なポイントなんですね。

スポンサーリンク

痛風対策に取り組むなら、サプリメントがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

痛風発作が起きると、基本的には病院を受診し、投薬を行なったり医師から食事指導を受け、尿酸値を適宜チェックしながらずっと通院することになります。

ただし、痛風の結晶が溶けるのはだいたい2年が目安とされているので、そんなに長い間通院するのは負担になりますし、費用もバカにならないですよね。

そして、治療には、よほど症状が悪い状態で続かない限り、通院をしなくても自分自身で調べ、痛風改善することもできるそうなんです。

そのためには、尿酸値を上げる食材を控え、尿酸値を下げる効果のある食材を取り入れるといったシンプルで無理のない食事療法を実践し、運動も行ないながら、年に一度の健康診断で尿酸値をチェックして改善を試みると良いとされています。

それから、こうした自己治療で尿酸値を降下させる際に、ぜひトライしてみてほしいのが、今回オススメする痛風改善サプリメントです。

痛風改善サプリとは?

痛風のサプリメントを選ぶ時には、新機能素材であるアンセリンという成分が配合されているものがオススメで、このアンセリンとは、長距離を飛ぶ渡り鳥の筋肉中や、回遊魚であるマグロの筋肉中に多く含まれていて、尿酸値の降下作用がある成分です。

そして、アンセリンには体内で尿酸が過剰に生産されてしまうのをコントロールする機能があり、さらに生産された尿酸の排出を促進する機能もあると言われているので、痛風予防に効果があるんですね。

それから、痛風を根本から治療するために、長期間使用することを考えると、できるだけコストパフォーマンスが良いものがあると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

痛風の対策サプリなら、恵葉プレミアムがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

こうしたアンセリンを主成分とした痛風のサプリメントには、様々なメーカーの商品が出ていますが、中でも最もコスパが良く評判も上々なのが、今回紹介する恵葉プレミアムです。

恵葉プレミアムが痛風改善にオススメな理由は?

恵葉プレミアムは、アンセリンはもちろんのこと、キャッツクローやケルセチン、葉酸など、プリン体を摂取した際の尿酸生成ブレーキ機能や、激痛や腫れといった症状を抑制するサポート機能に優れた天然成分を主成分としているそうです。

さらに、ビタミンCや海藻、ヨモギ、酸化マグネシウムなど、溜まったものを流し出す力をサポートする成分や美容や健康に万能の成分も配合されているので、痛風以外にも美容や生活習慣病改善効果も期待できるので、一石二鳥ですよね。

一方で、注目なのがアンセリンの含有量で、恵葉プレミアムではなんと1日分で500mgも配合しているそうで、これはDHCなどの他のメーカーのアンセリン含有量と比べものにならないほどの贅沢な配合と言われています(DHCだと1日分で60mg)。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

そんな恵葉プレミアムのお値段は、公式サイトで一番人気の「恵葉プレミアム3本セット」は税込19,800円なので1本あたりのお値段が6,600円となります。

そして、1本90粒入りなので、1日3粒飲むことを目安にすると、1日あたりたった73円で済み、DHC(30粒入りで2100円、1日3粒摂取)の場合だと1日70円ということを考えると、アンセリンの含有量だけでなくコストパフォーマンスでも優れているということになります。

ただし、恵葉プレミアムなどのサプリは、あくまで尿酸値降下をサポートするものに過ぎないので、食習慣にも気をつけ、水分を多く摂り、適度な有酸素運動を続けることでより効果が現れるとされているので、ホームケアも怠らないようにしましょうね。

ちなみに、恵葉プレミアムでは現在、6本セットも販売しており、通常より9,480円お得で、3本セットよりさらにコスパが良いので、根本的に痛風改善を目指したい!という方はぜひ、恵葉プレミアム6本セットをお試しください。

というわけで、本格的に痛風改善のためにサプリメントを購入したいと考えている方は、恵葉プレミアムを選ぶことをオススメします!

↓ ↓ 公式サイトはコチラ!? ↓ ↓
尿酸・プリン体対策に!【恵葉プレミアム】

このページの先頭へ