溶連菌の予防を抗生物質で行うのがダメな理由と正しいやり方!

thumbnail溶連菌感染症は溶連菌と言う身近な菌が元で、主に5歳~15歳の子供がかかりやすいとされる感染症ですが、その予防として無症状の家族にまで抗生物質を処方されることがあります。

そんな時、漠然とした不安や疑問を感じる人も多いかと思います。

では、どうして感染症状が出ていない人に抗生物質を使って、その予防を行うのがダメなのか、その理由をしっかり理解しておきたいですよね。

そこで、今回は溶連菌感染症の予防に抗生物質がダメな理由と、正しい予防方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

溶連菌感染症とは?

この溶連菌感染症は、主に5歳~15歳くらいの子供に多いとされていますが、大人がうつると重症化することもあるので注意が必要です。

溶連菌とは人の体内に存在する常在菌のひとつで、普段はおとなしく身を潜めていますが、体力の低下や免疫力が弱るなどすると、それをきっかけにして暴れ始めて溶連菌感染症を引き起こすのだと考えてください。

つまり、溶連菌感染症とは免疫力の低下が原因で引き起こされる健康障害の症状だと言えるでしょう。

溶連菌を防ぎたいけれど・・・

子供が溶連菌感染症だと、その家族にも予防のために抗生物質が処方される場合があります。

no2

しかし、どうして予防のために家族まで抗生物質を飲まなくてはいけないのか納得できませんよね。

かと言って、やはり溶連菌感染症になるのは避けたいものですよね。

それでは、そんな溶連菌感染症を家族感染させない最善の予防策とは、一体どうすればいいのでしょう。

溶連菌の予防を抗生物質で行うのがダメな理由!

まず、溶連菌とは非常に感染力の強い菌ですが、そうかと言って誰でも感染症を引き起こしてしまうかというと、実はそんなことはないのです。

そんな中で、溶連菌の予防を抗生物質で行おうという医師がいるのも事実なのですが、ご存知のように抗生物質は大変効力が高い分、その副作用も決して軽いものではありませんよ。

そんな抗生物質が人に与える悪影響とも言うべき副作用についてご紹介します。

・抗生物質は全ての菌を殺してしまう

抗生物質は溶連菌に限らず、共存している、いわゆる善玉菌と呼ばれている人の健康に役に立つ菌まで殺してしまうのです。

・抗生物質が効かない体になってしまう

抗生物質が有効なのは菌に対してのみですが、抗生物質の攻撃に対して自らのDNAを変化させて、その攻撃を無効化してしまう耐性のついた菌が、続々と出現していることが分かっています。

そのため、変異した菌に対抗してより強力な抗生物質を飲まなくてはならなくなりますが、いずれその抗生物質にも耐性がついてしまい、結局、抗生物質を飲み続けると、どんどん効く抗生物質がなくなっていくのです。

また、抗生物質は1つの菌だけを追撃できる機能は持てないため、関係のない菌を攻撃していくうちに、こうした悪さをしない菌までが変異をしてしまうのです。

したがって、これら2つのデメリットと、抗生物質で除菌できるメリットを比べてみて、メリットの方が大きいと判断した時にだけ使うのが、本来の抗生物質の有用な利用法ではないでしょうか。

すなわち、いくら家族に溶連菌感染症が出たからと言って、予防的に他の家族が抗生物質を使うのはあまりにデメリットの方が大きくナンセンスなのです。

だって、感染しても発症するとは限らないし、発症した時にこそ抗生物質を使えばいいのですから。

スポンサーリンク

溶連菌感染症の正しい予防方法!

溶連菌の感染経路は、くしゃみや咳からの飛沫感染と患者に触れて菌を体内に入れてしまう接触感染になります。

ですので、基本はうがい手洗いの徹底と、マスクを付けたりするのも有効でしょう。

特に家族に溶連菌感染症を起こしている人が出た場合、感染を予防するなら極力近寄らずに接触を避けるようにすることです。

とはいえ、完全に感染を予防するのは物理的には、限りなく不可能に近いために、根本的な予防策として実際に有効なのは、体力を養って自己免疫力を高めることでしょう。

そうすれば、感染そのものを防げるだけでなく、仮に感染して保菌者となっても感染症を起こさないで、毎日を元気に過ごすことができるからです。

では、体力増進や免疫力を上げる方法として、有効な手段をご紹介します。

・基礎体温を上げる

体温が高いほど免疫細胞は活発に活動できるので、自己防衛作用を高めるなら適度な運動や身体を温めることで、基礎体温を上げるようにしましょう。

とはいえ、体温の上げ下げを司っているのは自律神経なので、なかなか自分の意思だけでは思い通りになりませんよね。

・免疫力が上がるツボ圧し

爪の生え際の両サイドを圧して刺激を与えると、副交感神経が優位となりリンパや血液の流れが良くなって免疫力が上がると言われています。

しかし、実際にどのくらい免疫力が上がっているのか自覚がないので、続けることを忘れてしまいそうですよね。

・規則正しい食生活

緑茶やショウガ、サツマイモやトマトといった免疫力を上げるとされる食材を選んで、より多くの食品を食事で摂ることが腸内環境を整え、免疫力を高めることになります。

けれど、食事の管理には手間と時間とお金もかかりますよね。

そこで、オススメなのがラクトフェリンサプリメントによる腸内環境の整備と免疫力を高めるという方法です。

サプリメントならば、飲むだけなので手軽で続けやすいので、比較的誰にでも続けやすい溶連菌感染症の予防方法だと思います。

スポンサーリンク

ラクトフェリンの免疫力向上効果とは?

生まれて間もない赤ちゃんが、バイ菌やウイルスがいっぱいの中ですくすく健康に育つのは、母乳に含まれるラクトフェリンの力だということが分かっていますが、他にも免疫力を高める以下のような実証データがあります。

・「日本ラクトフェリン学会」の発表では、抗菌抗ウイルス作用、免疫調節作用、脂質代謝改善作用、鉄分の吸収調節作用(貧血の改善)、腸内細菌の調節作用、歯周病の症状の改善作用、痛みの軽減など鎮痛作用、抗がん作用といった、多岐に渡るラクトフェリンの健康効果が報告されています。

・森永乳業では、1日400mgのラクトフェリンを摂取させたところ、8週間後にはピロリ菌感染者150人の除菌率が上がった、つまり、抗菌作用が報告されています。

・同じく森永乳業のマウスの実験で、ラクトフェリンを1日/6mg与えたものと、そうでないものを比較した際、1週間後にラクトフェリンを与えられたマウスは、そうでないマウスより、免疫機能に重要な役割を果たしているNK細胞の数が2.5倍も増えたそうです。

このようにラクトフェリンとは、科学的に免疫力を高めることが分かっている成分なので、信頼してサプリメントで摂取できます。

溶連菌の感染予防には森永乳業のラクトフェリンがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

森永乳業は、ウイルス感染予防の研究などにも取り組んでいるだけでなく、実は50年前からラクトフェリンに着目し、世界で初めて食品へ応用した会社であることをご存知でしょうか。

そのため「森永乳業のラクトフェリン」でも品質にこだわったラクトフェリンだけを使用し、米国の権威ある制度GRAS(Generally Recognized As Safe:一般的に安全と認められたもの)を取得しているのです。

そして、化学物質をいっさい使わず、食塩だけでラクトフェリンを高純度で抽出する、文部化学大臣賞も授賞している特別技術で製造しているため、信頼度も高くなりますよね。

そんな森永のラクトフェリンには、1日分(6粒)に牛乳12L分のラクトフェリン600mgも凝縮されており、1本180粒入ってわずか7,340円(1日約245円)で購入することができるそうです。

一方、こうしたラクトフェリンのサプリメントにはライオンやDHCなど、様々なメーカーのものがありますが、次のように、値段がピンキリなんです。

DHCの場合…1日3粒300mgのラクトフェリン含有で1本(90粒)1,836円(1日約61円)

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

ライオンの場合…1日3粒300mgのラクトフェリン含有で1本(90粒)6,150円(1日205円)

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

森永の場合…1日6粒600mgのラクトフェリン含有で1本(180粒)7,340円(1日約245円)

このように、値段が安価なものの方がお買い得に感じてしまいがちですが、実際、値段が安価なものは、ラクトフェリンの純度や含有度の点で劣ったり、コストパフォーマンスが良いように見えても即効性は低いんです。

また、森永のラクトフェリンのように「噛むタイプ」かどうかも重要で、噛むことによって子供でも服用しやすくなりますし、しかもしっかり胃で分解されるので、ラクトフェリンよりも強力な抗菌作用を持つラクトフェリシンという物質を生成するそうです。

そして、ラクトフェリンとラクトフェリシンが共に戦う力を発揮することで、森永のラクトフェリンは溶連菌の感染予防に効果的な作用をもたらしてくれるんですね。

こうしたことから、家族全員が安心して飲めて、600mgという高い含有量を誇る森永のラクトフェリンは、その効果の高さも考えると、様々あるラクトフェリンのサプリメントの中でも、最も値段相応でコストパフォーマンスが良いのでオススメなんです。

ちなみに、今なら公式サイトから定期コースで申し込むと、毎回1回6,585円+送料無料になるというお得なサービスをやっているので、見逃せませんよね。

そして、初めて使う方向けにまずは7日間お試しパック500円というコースもあるので、まずはお試しコースで効果を見てみるのはいかがでしょうか。

もちろん、溶連菌に限らず、他のウイルスや細菌による感染予防にも効果的なので、風邪に負けない強い体作りに根本的に取り組みたいと考えている方は、ぜひ森永のラクトフェリンから試してみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ 公式サイトはコチラ!? ↓ ↓

このページの先頭へ