日焼けのケアにビタミンCのサプリが危険な理由!副作用に注意!

thumbnailこれからの季節、薄着になって気になるのは、降り注ぐ紫外線への日焼け対策ですよね。

そして、そんな日焼け対策にビタミンCが効果的だということは、すでに多くの人がご存知かと思います。

けれど、日焼け対策に限らず、ビタミンCは外から補給しないと体内では作られないため、お手軽にサプリメントで飲んでいる人もまた多いのではないでしょうか。

ところが近年にわかに、日焼け予防にと普段から気軽にサプリで摂取していたビタミンCにもまた、副作用があることが報告されているそうです。

そこで、今回はそんなビタミンCの効果や危険な副作用について、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

日焼けケアとビタミンCの関係とは!?

日焼け対策に効果があるものとして、ビタミンCを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

では、どうしてビタミンCが日焼けに対して効果があると言われているのでしょう。

no1

◆日焼けが起こるメカニズム

紫外線には幾つかの種類があり、その中で日焼けを起こすものをUV-A波、B波、C波と呼んでいます。

これらの有害な紫外線に肌がさらされると、そのダメージから細胞を守るためにメラニン色素が作られて、それが日傘のように影を作ります。

本来であれば役目を終えたメラニン色素は、肌の生まれ変わりと共に老廃物として剥がれていくのですが、その新陳代謝が滞ってしまうと日傘の役を果たしていたメラニン色素が、どんどん溜まってシミとなって現れるという現象が起こります。

そして、その新陳代謝に大きく関わっている重要な成分の一つが、ビタミンCなのです。

また、日焼けとは軽いヤケドの症状であるため、その外傷から肌を健やかに立ち直らせるのにコラーゲンの存在も見逃せませんが、そのコラーゲンを生成するのに必要な成分も、ビタミンCだったのです。

no2

さらにその他にも、ビタミンCには、活性酸素による攻撃を食い止めたり、ストレスに強い身体をつくるなど、数えきれないくらいの健康効果がある優秀な成分でもあります

けれど、そんなビタミンCの最大の難点は、体内で作ることができないため、常に食べ物や飲み物で補給し続けなければいけないことと、せっかく補給しても長くは体内に留まってくれないということです。

そのため、ビタミンCをサプリメントで摂取する方法というのが、選択肢の一つとして広く知れ渡るようになりました。

ところが、そこには注意すべき副作用があったことをご存知でしょうか。

ビタミンCをサプリで摂ることの危険な副作用とは!?

そもそもビタミンCは、いったいどのくらいの量を摂取すればいいのでしょう。

その答えとして、厚生労働省が推奨している1日の摂取量は、成人男性で90mg、成人女性だと75mgとなっていました。

さらに、喫煙者に対しては、プラス35mgを上乗せすることを奨めていました

no3

また、一般的に広まっている説として、「ビタミンCは余分に摂り過ぎても排泄物として身体の外に捨てられるから安全である」という話は有名ですよね。

そんな安全神話に煽られたせいか、サプリメントによるビタミンCの摂取は一般的になりました。

どうせ排出されるならば、より含有量の多い物の方が少ない物より価値があるような気がするのは、消費者心理として理解できるところではあります。

しかし、ここへきてビタミンCのサプリメントによる過剰摂取で健康被害が出ているという、副作用とも言うべき症状が報告されているのをご存じでしょうか。

あのビタミンCには、実は副作用があったのです。

その副作用による被害とは、摂取し過ぎると下痢、吐き気、胃けいれんなどの症状が起きてしまうのだそうです。

さらには、特定の病気を患っている人や、病院で処方されている一部の薬との飲み合わせについても「相互関係がある」とされていました。

これまで「安全、無害」とされてきたはずのビタミンCなのに、これは一体どういうことなのでしょうか。

no4

そこで調べてみると、そこには、科学の進歩による弊害と言ってもいいような事象が起きていました。

それはつまり、サプリメント全般の質が良くなったことで、本来は不安定な成分だったはずのビタミンCを、余すことなく消化吸収できるようになったため、以前では「そこまでは摂取できないよね」という想定量を、遥かに超えて摂取できるようになったことが原因のようです。

そして、以前は存在しなかった「ビタミンCの安全な上限値」という指標が、厚生労働省のサイトに掲載されるようになりました。

それによると、1日に摂取する量を成人ならば2000mgまでと記載されています。

なるほど、サプリメントは薬ではないし、ましてやビタミンCには害などないのだからと、消費者も手軽に飲めることをメリットとして安易に考えていたところがありますよね。

ただ、これからは、ビタミンCのサプリメントにも副作用というデメリットがあることを忘れないようにして、気を付けて利用しなければいけません。

副作用を気にせずにビタミンCを摂取し続ける方法とは!?

では、ビタミンCの副作用を気にしないで、十分な量を毎日摂取するにはどうすればいいのでしょうか。

それぞれの方法と、そのメリットとデメリットを挙げてみました。

no5

・サプリメントの含有量に注意する

手元にもしもビタミンCを含んだサプリメントをお持ちなら、もう一度その含有量をしっかり確認してください。

メリット:不足していると思われる量を補うことができる

デメリット:過剰摂取による副作用を起こす危険性がある

・緑茶を飲む

緑茶には、他のお茶に比べて多くのビタミンCが含まれていることが分かっています。

メリット:ビタミンC以外の有効成分も豊富に含まれ、水分補給としてもおすすめ

デメリット:カフェインに反応して眠れなくなったり、タンニンが鉄の吸収を悪くして貧血を起こす可能性がある

・フルーツを食べる

フルーツの中でもオレンジやレモンなどの柑橘系には、多くのビタミンCが含まれています。

メリット:ビタミンCだけではなく各種ビタミン、ミネラルが豊富で身体のエネルギーになるブドウ糖も一緒に摂取できる

デメリット:食べ過ぎると太りやすくなる

・野菜を食べる

特に緑黄色野菜や、じゃが芋には豊富なビタミンCが含まれていますよね。

メリット:ちょっと意識するだけで、毎食ごとにビタミンCの補給ができ、同時に野菜の健康効果も得られる

デメリット:野菜嫌いな人には辛い、また熱に弱いビタミンCを上手に摂取するための調理法は限られてしまう

というように、どれも一長一短ですよね。

そこで、おすすめしたいのが、フルーツを使った青汁からのビタミンCの補給です。

no6

青汁だけだと特有の味が苦手だと言う人にも、フルーツの風味が苦味や青臭さを消してくれて飲みやすくなっているのもポイントが高いですよね。

それに、水や牛乳と混ぜるだけなので調理の手間もかかりませんし、水分補給と栄養補給の両方が一度にできるので、日焼け防止効果だけでなく、夏バテの防止効果も期待できます。

また、簡単に続けられるので忙しい朝にはもってこいですよね。

そんなフルーツを使った青汁で、無理なく継続的に、自然なビタミンCを摂取するというのは、いかがでしょうか。

フルーツ青汁なら「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」がオススメ!

フルーツを使った青汁は日焼けだけでなく、夏バテも防止してくれるので、夏には特に良いのですが、フルーツを使った青汁にもいくつか種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」、略してフルーツ青汁をご紹介したいと思います。

その理由は、とてもシンプルですが、「継続して売れている」からです。

この「継続して売れている」ということは、その商品を評価する上で非常に参考になりますよね。

また、フルーツ青汁はモニターの97.3%の人が、ダイエット、健康、美容のいずれかの効果を「実感した」と答えていました。

no7

その評判の口コミを見てみると・・・

・子供も一緒に飲めるので、安心して家族で飲んでいます。

・水に溶かすだけの手軽さから、忙しくても毎日続けています。

・フルーツジュースみたいで飲みやすく、内側からスッキリしていく感じです。

などがありました。

さらに、フルーツ青汁は、夏バテに対抗できる体力を付ける栄養素だけではなく、食物繊維も豊富でダイエット効果が高いという評判もあります。

また、そんなフルーツ青汁には、121種類の厳選された酵素と、生きたまま腸に届くビフィズス菌も配合されているので、日焼けによる肌ダメージを含めた美容面でも頼もしい効果が期待できます。

そこで、もうひとつ気になるのがお値段ですが、料金についてもしっかり調べてみました。

すると、なんと今なら毎月先着300名限定で、初回購入価格が680円とのことでした。

このフルーツ青汁1箱には30包入っているので、つまり1杯たったの22円という計算になりますよね。

これまでサプリメントでビタミンCを摂っていた人も、副作用を気にせず安心して日焼け対策ができるフルーツ青汁を試してみてはいかがでしょうか。
↓↓↓
めっちゃたっぷり フルーツ青汁の詳しい情報はコチラ!?

このページの先頭へ