熱中症でめまいが続くときの対処の仕方と注意点!治らない理由も!

画像1夏の日差しが続くような暑い日は熱中症になる方が増えてきますが、この熱中症という病気は、症状が人それぞれ様々でその程度も個人差があるものです。

例えば、熱中症でめまいや吐き気で嘔吐したり頭痛が続いていたら辛いですよね。

さらに、熱中症は重症化してしまうと最悪死に至ることもあるほど恐ろしい病気ですから、治らないのであれば治らない理由も知りたいですよね。

そこで今回は熱中症でめまいが続く時の対処の仕方と注意点、また、治らない理由についてもご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

熱中症の種類についてはコチラ!?

画像2

まず、熱中症には以下の種類とそれに応じた症状があるので紹介いたします。

・ 熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こり、筋肉痛や手足がつったりするのがこの熱けいれんで、軽度の熱中症のときにみられます。

・ 熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと体が脱水状態になり、中度の熱中症であるこの熱疲労の症状がみられるようになりますが、その症状は全身倦怠感や嘔吐が続いたり、頭痛やめまいがあったり集中力や判断力が低下します。

・ 熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態を熱射病というのですが、この場合は意識障害などがみられたり、ショック状態になる場合もあり、重度の熱中症であると言えます。

と、このように様々な熱中症の種類がありますが、もしもあなたが頭痛やめまいが続いていて治らない場合は、中度の熱中症である熱疲労である可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

熱中症でめまいが続く時の対処の仕方と注意点についてはコチラ!?

画像3

さて、熱中症はその度合いで様々な症状があると述べましたが、特にめまいが続く熱疲労の場合の対処法について紹介いたします。

まず、熱疲労の時の体の状態は、電解質(ナトリウムイオンなどの成分)や水分が不足している状態なので、電解質を伴った水分である経口補水液やスポーツドリンクなどを摂取するようにしましょう。

ちなみに経口補水液は似たようなものなら自分でも作ることができますし、コンビニやドラッグストアで購入することができますので、辛い時はすぐに買って飲むようにし、夏場はストックしておくとよいかもしれませんね。

しかし、水分補給だけでは熱疲労の場合はまだ対処としては不十分なので、水分補給の次は首筋、足先、わきの下などを濡れタオルなどで冷やして体温を下げるようにしましょう。

そして、熱疲労の場合の注意点ですが、熱疲労は熱中症の中でも中度に分類されるため放置はNGですので、必ず放置しないで治すようにしましょう。

さらに、熱中症の場合の頭痛は脱水症状が原因であることが多く、通常の頭痛とは異なり、頭痛薬を飲んでも改善しないことがあり悪化することもありますから、頭痛薬はなるべく使わないようにするということが、もう一つの注意点となります。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まず熱中症は、その症状の度合いによって熱けいれん、熱疲労、熱射病、という三つの種類があるということでしたね。

そして、めまいが治らない場合は熱疲労である可能性が高く、そんな時は経口補水液やスポーツドリンクといった、電解質を伴った水分を補給するようにすると良いということでした。

また、頭痛薬などでは熱中症の時のめまいや頭痛は改善しないことが多いため、むやみに使わないように注意するようにしましょうね。

最後に、熱中症は正しい対処をしないと症状が続くことがありますので、そういった場合は今回紹介した対処法を参考にして、それでも治らない場合は医療機関で受診し、症状を放置せず治すようにしていきましょう。

スポンサーリンク

熱中症に繰り返しならないために本当に必要なこととは?

熱中症を軽く見ていると、重症化し、命を失う危険すらありますが、重症化しやすい人とそうでない人の違いは身体が弱っているかとうかです。

確かに、熱中症になりやすい夏は、暑さで食欲も落ち、生活習慣も乱れやすく、免疫力を含め身体の防御力が著しく低下していますよね。

そんなときに熱中症になってしまうと、身体の中のあらゆる調節機能が乱れ、重症化してしまうのです。

では、どうしたら熱中症になりにくくなるかというと、身体の防御力を高めておけば良いのです。

しかし、ここで何か特別な薬が必要というわけではありません。

要は、夏バテに負けない身体になるよう、きちんとした生活習慣、特に身体を弱らせない食生活を続けていれば良いのです。

でも、ここで最大の問題は「継続する」ということではないでしょうか。

正しい食生活を毎日続けるのは、思っているより大変です。

では、どうすれば簡単に栄養バランスの摂れた正しい食生活を送れるかというと、飲み物を有効に活用すると良いのです。

つまり、毎日の中で不足しがちな栄養をうまく飲み物から補ってあげれば良いのです。

それに、飲み物ならば、食事を用意するより手間がかからないので、継続しやすいですよね。

そこで、続いて夏バテに効くオススメの飲み物をご紹介いたします。
↓↓↓
「夏バテを解消し予防する飲み物のおすすめは?子供から大人まで!」

「症状」に関する他の記事はコチラ!?

・熱中症で頭痛が翌日も治らない時の治し方と注意点!ロキソニンも

・熱中症で下痢が治らない時の対処の仕方と注意点!食事についても

・熱中症の目の症状と対処法!目が痛い時や目が見えない時など!

・熱中症の症状で胸の痛みや胸が苦しい時の原因と対処法!過呼吸も

・熱中症で嘔吐のときの対処の仕方と注意点!子供の処置のときも!

このページの先頭へ