ヘルパンギーナに対する免疫をつける最も効率的な方法!感染予防

サムネイルヘルパンギーナにかかると高熱が出て、口の中に口内炎のような痛い水泡ができるのが特徴ですが、加えて、ウイルスによる感染が原因のため、発病すると本人だけでなく周囲にも感染を広げる恐れが!

そのため、次々と発症して学校や保育園が一時閉鎖になって勉強の遅れに繋がったり、その看病のため親も仕事ができず、日常に支障をきたしてしまったりと厄介な病気です。

また、このヘルパンギーナに感染するのは、主に0歳~5歳の子供に多いとされていますが、大人でも夏バテなどで体力が落ちてくると感染する可能性があるので、要注意な病気と言えるでしょう。

それでは、ヘルパンギーナから身を守るにはどのようにしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの原因と感染経路

そもそもヘルパンギーナを引き起こすウイルスとは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

主なウイルス

・コクサッキーウイルス(A群)

・コクサッキーウイルス(B群)

・エンテロウイルス(68型~72型)

・エコーウイルス

つまり、1つのウイルスではなく、複数のウイルスがヘルパンギーナを引き起こす病原体として確認されているようでした。

no2

では、これらはどうやって身体の中に入ってくるのでしょう。

飛沫感染:くしゃみや咳などで飛び散った唾液による感染

糞口感染:排泄物にウイルスが存在し、それが他の人の口へ入って感染

これらは「接触感染」と言われているものですよね。

なので、たとえばお母さんが、ヘルパンギーナを発症している赤ちゃんのオムツ交換をした後で、手洗いが十分でない場合などに感染してしまうので気を付けなくてはいけません。

そして、これらの感染経路で体内に侵入してきたウイルスによりヘルパンギーナを発症すると、38℃~40℃の高熱が1日~5日ほど続き、のどの痛みや関節痛、口内炎などつらい症状に見舞われます。

しかも、現在では特定の治療法が存在しないので、病院に行っても解熱剤や痛み止めといった対症薬での対応となるようでした。

no3

したがって、つまりヘルパンギーナとは、一度感染して発病するとひたすら自分の治癒力によって治るのを待たなければならない病気だったというわけです。

となると、これは予防が一番の対策と考えられますよね。

ヘルパンギーナの予防手段

ヘルパンギーナにならないためには、どのような対策を取ればいいのでしょう。

ここでは、感染を予防する手段を調べてみました。

・手洗いうがいの徹底

no4

接触感染なので、手や口の周りにウイルスが付着していることを前提に考えて、帰宅後や食事の前などにはしっかり手洗いとうがいをしましょう。

・共有を避ける

缶ジュースなどを回し飲みしたり、人が使った食器やタオルなどを使うと、感染リスクは高まります。

・マスクやサングラスを着用

no5

少しでもウイルスの侵入を防ぐという意味では、防ウイルス機能を持ったマスクやサングラスの着用も有効な予防方法でしょう。

いかがでしょうか。

この予防方法は何かに似ていると思いませんか?

そう、風邪予防と同じですよね。

だから「夏風邪」と称する中にヘルパンギーナが入っているのも納得できるところでしょう。

しかし、風邪と同じならウイルスに感染しない環境を維持するのは、物理的な限界がありますよね。

それならば、ウイルスに感染しても負けない身体を作ることが、予防を上回る現実性のある対策と言えるのではないでしょうか。

つまり、免疫力を高めるという方法です。

スポンサーリンク

免疫力を高める方法と注意点

そこで、免疫力を高めるとされている方法を調べてみました。

・睡眠を摂る

no6

身体を休め、免疫力を上げるためには睡眠は欠かせません。

寝不足は、それだけでも身体の抵抗力を奪い、免疫力を低くしてしまいます。

しかし、熱帯夜が続くと知らず知らずの内に睡眠が浅くなったりして、寝不足状態になっていることもありますよね。

・ストレス発散

ストレスを溜め込むことで、免疫力は低下してしまうのだそうです。

なので、自分に合ったストレスの発散方法をいくつか見つけておきましょう。

ただし、気を付けたいのは「ストレス発散」や「自分へのご褒美」を言い訳にして、過度な出費や自己管理の放棄を招かないよう注意したいですよね。

・規則正しい生活

no7

免疫力を上げるには「朝日を浴びるといい」という説がありますが、理由は昼間には免疫力が上がり夜間には低くなるためだそうです。

つまり、朝日を浴びることで、身体に活動開始の合図を送るというわけですね。

とはいえ、現代では必ずしも生活時間が、朝起きて夜眠るとは限りません。

そこで、せめて生活サイクルを一定に整えることで、身体にONとOFFをしっかり認識させるようにしましょう。

・基礎体温を上げる

体温が1度下がると免疫力は30%も落ちると言われています。

そのため、適度な運動、湯船での入浴、体温を上げる食べ物を意識して食べるなどを実践して、基礎体力を上げるようにしましょう。

けれど、熱い夏場には屋外での運動はかえって体力を消耗させたり、湯船に浸かるのもなかなか気が進まないことも。

また、夏には身体を冷やす野菜が旬を迎えるため、食材選びも大変になってきますよね。

・腸内環境を整える

近年、腸内環境の良し悪しが、人の健康や寿命にまで大きく影響を与えていることが分かってきたそうです。

たしかに、メディアでも腸内環境のことをいろいろ特集していますよね。

そんな腸内環境を整える効果のある食品としておすすめされているのは、ヨーグルトや納豆などの発酵食品でした。

ただ、これらで免疫力を高める方法はどれもみんなおすすめですが、必ず守るべきこととして共通するのが「続けること」です。

それだけ、免疫力を高めるということは、日々の生活と密接な関係にあるということなんですね。

では、それならば「食」の分野をサプリメントで補ってみるという方法はどうでしょうか。

no8

ご存知のようにサプリメントならば、短時間でお手軽に必要な栄養素を補給することができます。

ということは、毎日続けるという点でも、最も効率の良い方法のひとつなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

免疫力を高めるために摂取したいラクトフェリン

では、具体的にどのような栄養素をサプリメントで補えば、免疫力を高めることができるのでしょう。

そこで、そもそも、免疫力とは何をもって言うのか調べてみたところ、ある種の細胞を指していることが分かりました。

その細胞とは1種類ではなく、数種類の細胞が協力し合って害のあるものを、「発見」「報告」「防御」「攻撃」「排出」するなどの役割を果たしているのです。

その中でも注目されていたのが、NK(ナチュラルキラー)細胞という免疫細胞でした。

その他の免疫細胞が役割分担をしてチームで活動しているのに対し、NK細胞は一匹狼のように単体でウイルスやガン細胞を攻撃して排除できる、機動力に優れた免疫細胞のようです。

no9

ということは、このNK細胞やその他の免疫細胞を増やすことができれば、ヘルパンギーナや他の風邪のウイルスなどにも負けない丈夫な体が作れるのではないでしょうか。

そのために積極的に摂りたい栄養素として、今最も注目を集めているのが「ラクトフェリン」という成分です。

ラクトフェリンとは糖タンパク質の一種で、哺乳類の乳に含まれている、いわばお母さんから赤ちゃんへの最初のプレゼントともなる大切な栄養成分のひとつです。

身近な例として、生後間もない乳児の方が成人よりも風邪をひきにくいという現象があるのをご存知でしょうか。

これは、母乳に含まれるラクトフェリンが大きく関係しているとされていました。

特にラクトフェリンは、初乳と呼ばれる出産後1週間に出る母乳に多く含まれているのだそうです。

no10

また、ラクトフェリンの研究データについて調べてみると、

・1日400mgのラクトフェリンを摂取させたところ、8週間後にはピロリ菌感染者150人の除菌率が上がった(森永乳業)

・マウスの実験で、ラクトフェリンを1日/6mg与えたものと、そうでないものを比較した際、ラクトフェリンを与えられたマウスは、そうでないマウスより1週間後にNK細胞が2.5倍増えた(森永乳業)

森永乳業といえば、赤ちゃんに飲ませるための粉ミルクのパイオニア的存在でもありますよね。

その他、健康食品で有名な「わかさ製薬」の発表するところでは、ラクトフェリンは免疫力を高めるだけでなく・・・

・貧血予防

・ドライアイの改善

・老化防止

・骨粗しょう症予防

・内臓脂肪を減少

・腸内環境を整え、胃の健康を守る

などの健康効果があることを説明していました。

なるほど、老化防止や骨粗しょう症予防もできるなら子供だけでなく大人も積極的に摂りたい栄養成分ですよね。

けれど、乳製品に多く含まれるラクトフェリンを食品で摂取するためには幾つかのハードルがありました。

それは、熱に弱いので加工食品では補うことが難しいこと、すべての牛乳やヨーグルトにラクトフェリンが入っているわけではないことなどです。

そうなると、一番手っ取り早いのは、母乳を飲むことですが、これは現実的ではありませんよね。

そこで、おすすめしたいのは、ラクトフェリンが高濃度に含まれたサプリメントでの摂取です。

ヘルパンギーナの感染予防には森永乳業のラクトフェリンがオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

森永乳業は、ウイルス感染予防の研究などにも取り組んでいるだけでなく、実は50年前からラクトフェリンに着目し、世界で初めて食品へ応用した会社であることをご存知でしょうか。

そのため「森永乳業のラクトフェリン」でも品質にこだわったラクトフェリンだけを使用し、米国の権威ある制度GRAS(Generally Recognized As Safe:一般的に安全と認められたもの)を取得しているのです。

そして、化学物質をいっさい使わず、食塩だけでラクトフェリンを高純度で抽出する、文部化学大臣賞も授賞している特別技術で製造しているため、信頼度も高くなりますよね。

そんな森永のラクトフェリンには、1日分(6粒)に牛乳12L分のラクトフェリン600mgも凝縮されており、1本180粒入ってわずか7,340円(1日約245円)で購入することができるそうです。

一方、こうしたラクトフェリンのサプリメントにはライオンやDHCなど、様々なメーカーのものがありますが、次のように、値段がピンキリなんです。

DHCの場合…1日3粒300mgのラクトフェリン含有で1本(90粒)1,836円(1日約61円)

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

ライオンの場合…1日3粒300mgのラクトフェリン含有で1本(90粒)6,150円(1日205円)

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

森永の場合…1日6粒600mgのラクトフェリン含有で1本(180粒)7,340円(1日約245円)

このように、値段が安価なものの方がお買い得に感じてしまいがちですが、実際、値段が安価なものは、ラクトフェリンの純度や含有度の点で劣ったり、コストパフォーマンスが良いように見えても即効性は低いんです。

また、森永のラクトフェリンのように「噛むタイプ」かどうかも重要で、噛むことによって子供でも服用しやすくなりますし、しかもしっかり胃で分解されるので、ラクトフェリンよりも強力な抗菌作用を持つラクトフェリシンという物質を生成するそうです。

そして、ラクトフェリンとラクトフェリシンが共に戦う力を発揮することで、森永のラクトフェリンはヘルパンギーナの感染予防に効果的な作用をもたらしてくれるんですね。

こうしたことから、家族全員が安心して飲めて、600mgという高い含有量を誇る森永のラクトフェリンは、その効果の高さも考えると、様々あるラクトフェリンのサプリメントの中でも、最も値段相応でコストパフォーマンスが良いのでオススメなんです。

ちなみに、今なら公式サイトから定期コースで申し込むと、毎回1回6,585円+送料無料になるというお得なサービスをやっているので、見逃せませんよね。

そして、初めて使う方向けにまずは7日間お試しパック500円というコースもあるので、まずはお試しコースで効果を見てみるのはいかがでしょうか。

もちろん、ヘルパンギーナに限らず、他のウイルスや細菌による感染予防にも効果的なので、風邪に負けない強い体作りに根本的に取り組みたいと考えている方は、ぜひ森永のラクトフェリンから試してみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ 公式サイトはコチラ!? ↓ ↓

このページの先頭へ