ヘルパンギーナの喉の痛みはいつまで?薬などで緩和する方法も!

画像1夏になると小さいお子さんの間で大流行するものの1つが、夏かぜといわれるヘルパンギーナではないかと思います。

そして、ヘルパンギーナの症状でもっともつらいのがのどの痛みだと言われていますが、そののどの痛みは一体いつまで続くものなのでしょうか?

また、ヘルパンギーナののどの痛みは、薬などで緩和する方法もあるそうですので、ヘルパンギーナとはそもそもどういった病気なのかということと合わせてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナとはどういった病気?

画像2

そもそも、ヘルパンギーナはどういった病気かというと、毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児に発症し、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜですが、大人にも感染しますので注意が必要です。

ヘルパンギーナの症状は、高熱と口の中の発疹(のどの奥に小水疱が現れる)、のどちんこのあたりが炎症したり、水泡が破れることでのどの痛みが起きるなどが特徴的ですね。

そして、原因となるウイルスには多くの種類がありますが、多くはコクサッキーAウイルス(CA)で、特に4、6、10型が多いと言われていて、その他にはCA2、3、5、8、16型、コクサッキーBウイルス、エコーウイルスなども、ヘルパンギーナを発症させることがあると言われています。

また、ヘルパンギーナが治るまでにどのくらいかかるのかというと、2~4日の潜伏期の後、高熱・のどの痛み・口の中に水疱や赤い発疹などの症状が現れますが、2~4日で熱が下がり、7日程度で治ると言われています。

ヘルパンギーナの喉の痛みはいつまで続く?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでは、ヘルパンギーナののどの痛みはいつまで続くのかというと、発症から起こるのどの炎症と水泡が治まるまで、水泡が破れた場合はその傷が治るまで、のどの痛みが続くことになります。

ですので、のどの痛みが治るまでの期間を日数に換算すると、ヘルパンギーナの症状や回復力によって個人差はありますが、発症してから1週間程度はのどの痛みが続くことになると思います。

ヘルパンギーナの喉の痛みを薬などで緩和する方法!

ヘルパンギーナには特効薬がありませんので、基本的には対症療法になり、のどの痛みを薬などで緩和するには、のどの炎症を抑える抗炎症剤やのどの痛みを抑える鎮痛剤を使用することになります。

では、ヘルパンギーナののどの痛みを緩和する市販の薬にはどういうものがあるのかというと、ヘルパンギーナの症状は風邪の症状とほぼ変わりませんので、いわゆる風邪の諸症状に効く総合感冒薬がまずあげられます。

そのほかには、のどの痛みに効くとされている薬やうがい薬、バファリンやロキソニンなどの痛み止めがのどの痛みを緩和する薬になるでしょう。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナに感染した時の食べ物のおすすめは?

ヘルパンギーナの主な症状は、高熱・口の中の水泡・のどの痛みですので、おかゆ、雑炊、スープ・シチューなどの喉への刺激を抑えることができる食事が良いと思います。

それでも、のどの痛みがひどく食事が摂れない場合は、高熱により起こる脱水症状にならないためにも、アイスクリームやヨーグルトやジュースなどでも構わないので、口にすることが重要ですね。

ただし、ジュースなどで酸味が強いものは、喉にしみてしまう人もいるようですので注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヘルパンギーナは7月をピークに小さい子供に発症しやすい夏風邪の1つですが、大人でも発症する可能性があるということでしたね。

そして、発症すると、高熱に加えて口の中の水疱が破れて起こる喉の痛みがあり、平均的には1週間くらい痛みが続くということでした。

また、ヘルパンギーナには特効薬がありませんので、基本的には対症療法になり、症状に合わせて抗炎症剤や鎮痛剤などの薬を使用していくしかないのでしたね。

ヘルパンギーナはかかると大変な病気ですが、流行する季節は子供さんとレジャーなどを楽しむ季節でもあるので、きちんと予防してうまく乗り切りましょう!

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの感染や再感染をきちんと防ぐにはどうしたら?

ヘルパンギーナに感染すると、子供は登園できなくなりますし、大人がかかると仕事に影響が出て大変なことになりますよね。

なので、感染や再感染はできれば避けたいところですが、実際は手洗いやうがいを徹底したところで、ウイルスが体に入ってくるのを100%防ぐことなど、無菌室に入らない限り不可能です。

それでは、どうしたら良いかというと、ウイルスが体に入ってきてもウイルスを退治できる体にしておけばよいのです。

つまり、人間が自然にもっている免疫力をしっかり高めておければ、たとえヘルパンギーナの原因ウイルスに感染しても発症しないので怖くありません。

そこで、続いて免疫をつける最も効率の良い方法についてご紹介いたします。

↓↓↓

「ヘルパンギーナに対する免疫をつける最も効率的な方法!」

ヘルパンギーナの「症状」に関する他の記事はコチラ!?

・ヘルパンギーナの乳児の症状と対処法!よだれや夜泣き対策も!

・ヘルパンギーナで口内炎の時に効く薬!対処法と注意点も!

・ヘルパンギーナの発疹の体の部位ごとの対処法と注意点!全身も

・ヘルパンギーナで腹痛や下痢のときの対処法と注意点!

・ヘルパンギーナの熱は何日続く?下がらない時の対処法と解熱剤!

・ヘルパンギーナと手足口病の症状の違いと併発の可能性!写真も

・ヘルパンギーナで症状が軽いときとは?湿疹や鼻水や咳は?経過も

・ヘルパンギーナで大人の症状!熱が出ない時や口内炎や喉など!

・ヘルパンギーナで頭痛や嘔吐のときは要注意!髄膜炎の可能性は?

このページの先頭へ