日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点!リンデロンやロコイド

1真夏の炎天下で日焼けをすると、皮膚が真っ赤になってしまい、水ぶくれや内出血になってしまうこともありますよね。

赤くなる程度の日焼けであれば、基本的にはまず冷やして、その後に化粧水やジェルなどで保湿をすれば大丈夫と言われています。

ただ、水ぶくれになるほど症状が悪化している場合は、ステロイド外用剤(ステロイド剤が含まれている薬)を病院で処方されることもあるそうですが、副作用が少し心配ですよね。

そこで今回は、日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点や、ステロイド外用剤のリンデロンやロコイドについてをご紹介いたします。

スポンサーリンク

日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点!病院でなく市販の薬でも大丈夫?

2

日焼けの薬として、一般的に使われているのは非ステロイド剤(ステロイド剤の含まれていない)の軟膏で、ステロイド外用剤を使う場合は、日焼けの症状が悪化している時のようです。

なぜなら、ステロイド外用剤は強い効き目がある一方で副作用もあることでも知られていて、特に日焼けのように広範囲に塗る薬としては、あまり適していないそうです。

なので、使用する場合は水ぶくれがひどい場所に1,2日程度と限定して使うことが多いようで、日焼けのかゆみが治まるまでの長期間で使い続けることは避けてくださいね。

そして、日焼けの薬としてステロイド外用剤を使う場合、できれば病院で処方を受けることをおすすめしますが、市販されているものもあります。

おすすめは、かゆみを止める成分が配合されている「オイラックスPZ軟膏」で、こちらは全身への副作用が軽減できるアンテドラッグステロイドを使用しているのだとか。

アンテドラッグステロイドは、患部では高い効果を発揮しながら、体内では分解されて低活性になる、副作用が少ないステロイド剤のようです。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

日焼けの薬にリンデロンやロコイドは大丈夫?かゆみが出たら?

3

日焼けをして赤く腫れ、やけどのような状態が続くと水ぶくれが出来ることがありますが、そうなってしまった場合は病院で診察を受けることをおすすめします。

病院で処方される日焼けの薬として、ステロイド外用剤のリンデロンやロコイドがありますが、これらは市販されていない薬ですので、きちんと医師に使い方を教わってくださいね。

どのステロイド外用剤も、広範囲に塗ることや長期間使い続けることは避けるように言われると思いますが、それ以外にも気をつけるポイントがあるようです。

ステロイド外用剤の場合、ステロイドの強さが5段階に分類されていて1が最も強力で5が弱いのですが、リンデロンVG軟膏は3群(強)でロコイドは4群(中)と言われています。

したがって、どちらも、決して弱い薬ではありませんので、日焼けの症状が最もひどい箇所に使い、それ以外は地道に冷やしたり、通常の軟膏を塗る方が良さそうです。

また、日焼けの薬としてリンデロンやロコイドを使って、一度かゆみが治まったけれど、また翌日にかゆみが現れてしまった事例もあるそうです。

この場合は、日焼けのかゆみではなくステロイドの副作用としてかゆみが出ている可能性もありますので、治まらないようであれば医師に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けの薬のステロイドでスプレータイプはある?ローションは?

4

日焼けによるやけどの症状がひどく、水ぶくれなどが出来ている時は、軟膏を塗り込むのですら痛くてつらい状態だと思います。

その場合、病院によっては「トプシムスプレー」などのステロイド外用剤のスプレーを処方してくれることもあるそうです。

また、リンデロンVG軟膏にもローションタイプがあり、日焼けの症状が酷くて軟膏が使えない場合はこれらを使用しても良いかもしれません。

ただ、ステロイドの強さで言えば「トプシムスプレー」は2群、リンデロンVGは3群と強めの部類に入りますので、使いやすいからと言って全身に使うのは避けてくださいね。

また、ステロイド外用剤以外にも、日焼けの炎症を抑えるのに有効なスプレーがあり、特に人気があるのは「Aveneウォーター」のようです。

おそらく温泉水100%であることが人気の理由で、特に日焼け後の肌は敏感になっているので、全身に使用するのであれば刺激を与える成分が含まれていないものがおすすめです。

こちらのAveneウォーターであれば、日焼け時期以外にも保湿のために使えますし、1本持っていても良いかもしれませんね。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点や、ステロイド外用剤のリンデロンやロコイドについてご紹介いたしました。

日焼けの薬としてステロイド外用剤を使う場合には、もっとも症状が酷い患部にだけ短期間で使用して、治まってきたらステロイド以外の軟膏やクリームなどでケアした方が良さそうですね。

また、軟膏タイプを塗るのが痛くてつらい時には我慢せずに、スプレータイプやローションタイプを使用するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けを早く治すために一番大事なことを忘れていませんか?

日焼けによる様々なトラブルで困っていると、そのときの症状に合わせた処置をすることを考えると思います。

確かに、今起こっている症状に合わせた対症療法が最も効果的なのは事実です。

しかし、それは最も効果的な方法のうち、外側からの効果に目を向けたときです。

では、もう一つの最も効果的な方法が何かというと、それは内側からの効果に目を向けた方法です。

日焼けは皮膚がやけどした状態のことですが、やけどの症状がこれ以上進行しないように抑える処置が外側からの方法にあたり、一方で、やけどした肌の細胞を回復させてあげるのが内側、つまり身体の内側から回復を促す方法なのです。

それでは、内側からの回復を促進するために何が必要かというと、食習慣を含めた生活習慣の改善です。

つまり、肌の細胞の回復を活発にしてあげるためには、それがしやすい環境を作って上げる必要があるのです。

そして、そのために生活習慣を正してあげる必要があります。

しかし、これだけだと回復しやすい環境作りをしているにすぎません。

そこで、大事になるのが、回復しようとしている細胞に直接働きかけることなのです。

そうすることで、肌の細胞の回復を早めることができます。

では、肌の細胞に直接働きかけるためにどうしたら良いのでしょうか。

そこで、近年特に注目を集めているのがビタミンCの効果で、肌の細胞が再生するときに非常に重要な働きをしていることがわかってきています。

ただ、ビタミンCの摂取に効果があるといっても、摂り方を間違えるとかえって逆効果になってしまいます。

そこで、続いてビタミンCを上手に摂る方法についてご紹介いたします。

↓↓↓

「日焼けへのビタミンCの効果と上手な摂り方!副作用に注意!」

このページの先頭へ