日焼けのヒリヒリの治し方と注意点!効く薬や効果的な対策も!

1初夏になると紫外線がとても強くなり、特に女性は日焼けをしないように様々な対策を始めますよね。

一方、小麦色の肌になりたい人や、あまり美肌には関心が無い男性は、紫外線を気にせずそのまま浴びていると思います。

ただ、いくら美白に興味がないと言っても、紫外線対策をしないと日焼けで肌がヒリヒリと赤くなり、洋服を着るのもツライくらいに悪化することもあるのだとか。

そこで今回は、日焼けのヒリヒリの治し方と注意点、効く薬や効果的な対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

日焼けのヒリヒリの治し方と注意点はコチラ!?

2

日焼けのヒリヒリの治し方1「冷やす」

日焼けによる肌のヒリヒリの治し方として、まず初めにすることは「水や保冷剤などで冷やすこと」で、これは皮膚が火傷をしている状態と同様であるからです。

例えば、料理の最中に熱い鍋に触れてしまって火傷をしたら、すぐに冷やさないと水ぶくれや跡が酷くなるように、日焼けも同じ現象が起きているので同じ対処が必要なのです。

そして、冷やす際に保冷剤を使う人への注意点ですが、固いタイプのものはヒリヒリした皮膚にあてると痛みを感じますので、ジェルタイプで柔らかめの保冷剤がおすすめです。

日焼けのヒリヒリの治し方2「水分補給」

日焼けで肌がヒリヒリしている時の治し方として、つい外側からのケアに意識が向きがちですが、日焼けにより体内から水分が減ってしまっているため、内側の水分補給も大事のようです。

そして、人間の体内の80%は水分で出来ていると言われるように、水分量が減ってしまうと身体のリズムが乱れてくると言われています。

なので、日焼けでヒリヒリした皮膚のケアだけでなく、水やスポーツドリンクなどで、いつもより意識的に水分補給をすることを心がけましょう。

日焼けのヒリヒリの治し方3「保湿」

日焼けでヒリヒリした肌の治し方として、最後に大切なのがクリームやジェルなどを使って肌の奥底まで保湿をしてあげることです。

日焼けによる肌のヒリヒリは6〜24時間以内にピークを迎えると言われていて、そのあと3日程度は少し痛みが残ることが多いと言われています。

ただ注意点として、この3日と言うのも個人差があり、ケアをしなければ長くなることもありますし、十分に対処をしてあげることで縮まる場合もあるそうですよ。

日焼けのヒリヒリに効く薬やジェルや効果的な対策はコチラ!?

3

日焼けのヒリヒリの炎症を抑えるのに効く薬ですが、水ぶくれになっていなければ、市販の軟膏やクリーム、ジェルを使用して大丈夫のようです。

そして軟膏にも様々な種類がありますが、特に「間宮アロエ軟膏」はおすすめで、日焼けのヒリヒリに効くと言われている「アロエ」が配合されている第三類医薬品です。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

また、アロエには炎症を治す作用があると昔から言い伝えられていて、クリームやジェルも日焼け後には良く使われているようですよ。

特に「メンターム サンベアーズ アローバジェル」は、ひんやりとクールな使用感があるそうで、冷蔵庫で冷やしてから使うと気持ちよいのだとか。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

日焼けのヒリヒリの炎症を抑えるための効果的な対策として、軟膏やジェルを塗ったあと、さらにその上をサランラップで覆うと効果が高まると言われています。

また、水ぶくれになっていたり、発熱や身体のだるさが酷い場合には、これらの処置をする前に、早めに病院で診察を受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けのヒリヒリでお風呂がツライ時の対処法はコチラ!?

4

日焼けで肌がヒリヒリしている時は、湯船でお湯に浸かるのもツライと思いますので、冷たいシャワーで済ます人も多いと思います。

前述したように、日焼けの炎症のピークが訪れると言われている24時間以内は、肌にあまり刺激を与えず、とにかく冷やすことが大切です。

ただ、その後にヒリヒリが落ち着いてきたと感じたら、毎日シャワーだけで済まさずに、ぬるめのお湯で湯船に浸かることをおすすめします。

なぜなら、日焼けによって皮膚だけでなく身体全体も疲れており、シャワーだけではその疲れを取り除くことが出来ないと言われているからです。

特に、夏は屋外と室内の温度差が激しく、自律神経が乱れて夏バテを起こしやすい時期ですので、ゆっくりと湯船に浸かることで身体のバランスを整えてくれるそうです。

そして、ぬるま湯の温度の基準ですが、日焼けの程度による個人差がありますので、肌が痛みを感じない程度まで水で薄めて、調節しながら入浴してくださいね。

また、入浴後10分以内にクリームやジェルなどで保湿をしてあげると、日焼けをした肌の回復に高い効果を与えてくれるそうですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、日焼けのヒリヒリの治し方と注意点、効く薬や効果的な対策をご紹介いたしました。

昔から、アロエを傷口や火傷の際に使うと良いとの言い伝えがあり、日焼けでヒリヒリした肌にも同様の効果が期待できることがわかりましたね。

ただ、できることなら日焼けのヒリヒリで苦しまない方が夏を楽しめますので、女性だけでなく男性も日焼け止めを塗ることをおすすめします。

クリームタイプの日焼け止めを塗るのが面倒だったり、手がベトベトして嫌だという人は「スプレータイプ」もありますので、自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けを早く治すために一番大事なことを忘れていませんか?

日焼けによる様々なトラブルで困っていると、そのときの症状に合わせた処置をすることを考えると思います。

確かに、今起こっている症状に合わせた対症療法が最も効果的なのは事実です。

しかし、それは最も効果的な方法のうち、外側からの効果に目を向けたときです。

では、もう一つの最も効果的な方法が何かというと、それは内側からの効果に目を向けた方法です。

日焼けは皮膚がやけどした状態のことですが、やけどの症状がこれ以上進行しないように抑える処置が外側からの方法にあたり、一方で、やけどした肌の細胞を回復させてあげるのが内側、つまり身体の内側から回復を促す方法なのです。

それでは、内側からの回復を促進するために何が必要かというと、食習慣を含めた生活習慣の改善です。

つまり、肌の細胞の回復を活発にしてあげるためには、それがしやすい環境を作って上げる必要があるのです。

そして、そのために生活習慣を正してあげる必要があります。

しかし、これだけだと回復しやすい環境作りをしているにすぎません。

そこで、大事になるのが、回復しようとしている細胞に直接働きかけることなのです。

そうすることで、肌の細胞の回復を早めることができます。

では、肌の細胞に直接働きかけるためにどうしたら良いのでしょうか。

そこで、近年特に注目を集めているのがビタミンCの効果で、肌の細胞が再生するときに非常に重要な働きをしていることがわかってきています。

ただ、ビタミンCの摂取に効果があるといっても、摂り方を間違えるとかえって逆効果になってしまいます。

そこで、続いてビタミンCを上手に摂る方法についてご紹介いたします。

↓↓↓

「日焼けへのビタミンCの効果と上手な摂り方!副作用に注意!」

日焼けの「症状」に関する他の記事はコチラ!?

・日焼けで皮膚がむけるときの対処法!皮が硬いときや臭いときも!

・日焼けの治るまでの期間とムラを治す方法!注意点もチェック!

・日焼けのやけどの対処法と注意点!水ぶくれと内出血に要注意!

・日焼けの水ぶくれの処置の仕方!期間や効果的な薬もチェック!

・日焼けによる水ぶくれと汗の関係!原因と治療法をチェック!

・日焼けによる寒気の対処法と注意点!吐き気や高熱や下痢も!

・日焼けによる湿疹とかゆみの治療法と注意点!子供への対処法も!

・日焼けの炎症の治療の仕方や抑える薬!ロキソニンの注意点も!

・日焼けのかゆみやぶつぶつの原因と止める方法!大事な注意点も!

・日焼けの赤みの治し方や消すときの注意点!原因と対策も解説!

このページの先頭へ